2021年10月18日

トラブルを上司に報告する前にするべきこと




よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。

というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。




■上司の力を利用するトラブル解決の方法


何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラブりました!」と言われても、上司としては経緯を知らないので判断のしようがありません。

ただしく情報を伝えないと上司としてもどう動けばいいのかわからないのです。

逆に、部下から何も情報が出てこなければ、これまた動き用がありません。

たとえ、「コイツ、バタバタしているな。トラブルか?」と思っても実際に「どうした?」と声をかける上司は多くないでしょうし、部下に「大丈夫です!」って言われて、さらに「いや、そんなことないだろう」とまで聞ける上司は少数派のような気がします。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

よくないのは、上司に言わずに、自分の力だけで片付けようとすることです。

誰にも言わずに抱え込み、あれこれ考え悩んでいると、時間だけがいたずらに過ぎていきます。ミスやトラブルは、初期対応を誤ると、さらに事態が悪化することがあります。また、時間の経過とともに、より探刻化したりもします。

報告が早ければ、打つ手もあれこれ考えられますし、多くの人が知恵を出し合えば、いい解決策も浮かんでくるというものです。

なにより経験豊富な上司は、こういう時こそ頼りになるのです。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★


■落ち着け!


トラブルが起きたら、まず、慌てないことです。

慌てて、

 部下:トラブってます
 上司:なにが?
 部下:お客様が電話でお怒りです
 上司:なんで?
 部下:怒っているみたいなんです
 上司:だからなんで?
 部下:すごい剣幕なんです。
 上司:だから!なんでお客様が怒っているの!?
 部下:もう「今すぐそっちに行くぞ!」みたいな勢いで…
 上司:……オレも怒っていい?

なんて報告じゃぁ上司も困るでしょう。

トラブルが予定通りに起きてくれれば、慌てなくても対処できるでしょうけど、たいていは予定外に起こってくれるので、やっぱりいくら場数を踏んでいても、やっぱり平静ではいられません。それが経験が浅ければパニックになるのもやむを得ないところはあります。

それでも、その状況を他人にきちんと伝えようと思ったら、冷静に準備することが必要なんです。

まずは、深呼吸でもして落ち着きましょう

■過去の経緯を全部書き出す


深呼吸をしたら、次にやるべきことは、トラブルに至るまでの経緯を全部紙に書き出すことです。

私は手ぶらでトラブル報告に来た部下には、最初にこれをやらせます。
もし、分単位での対応が必要なものがあるようなら、別の同じような業務をしている人に情報収集と超暫定対策に当たらせます。適任者がいなければ自分がやる時もありますが。

その間にトラブルを起こした担当者には、「経緯をを全部書き出しなさい」と指示します。
自身がトラブルの火消しをする時以外は、その担当者に聞き取りをしながらホワイトボードに経緯を書き出していきます。

■事実と所見を分ける


だいたい全部書き出し終わったら、事実と所見を分けます。

これが結構重要な作業で、ある事象はトラブルを起こした担当者が観察したものです。

これを上司に報告した場合、3つのフィルタがかかります。

 ・上司に怒られたくないので、自分に都合の良い言い方をする
 ・自分が観察していないところを適当に補って報告する
 ・記憶違い、都合の良い記憶の書き換え

このフィルタを外す作業をするのですが、担当者本人には難しい場合もけっこうあります。上記のようなフィルタがかかっていることを本人が自覚できてませんから。

可能なかぎり担当者ではない第三者の目を通して、「これは事実」「これはキミの所見」と分けていったほうが正確なものが出来上がります。
さらに、複数人でやるメリットとして、事実として一面しか捉えていないところや、前後関係が矛盾しているところをさらに突っ込んだ質問をして情報の精度を上げていくことができます。

ただ、一次情報はトラブルに直面している自分しかできないので、まずはひとりで分類をして、それから上司や先輩に報告するのがいいと思います。

ひとりでこうしたフィルタを外すためには、抽象的な言葉や印象的な言葉は、具体的な言葉にすることです。

たとえば、「全部の生産が止まった」という報告を、「キミが見たのはどのライン?」と聞くと、「AラインとB、Cです」と答えます。生産ラインが5本あれば「D,Eは確認してない」ということです。それを「全部」と言っちゃうとミスリードが起きます。

「すごく怒ってます」も単に大声で喚いているだけかもしれませんし、もともと地声が大きな人かもしれません。具体的な事実を明らかにしないと情報は正しく伝わりません。「すごく怒ってます」っていうことの「すごく」とはどういう事実から観察できるのか、「怒っている」というのはなぜそう判断できるのかを報告しないといけないわけです。

事実と所見を分けたら、事実には赤丸、所見や印象は青丸をつけます。
これで報告する準備が出来上がります。

■対応方法を考えておく


まあ、どう対応していいかわからないからパニックになっているので、ここからは「できればやったほうがいい」レベルですが、

 ・報告する上司になにを期待するのか
 ・このあと誰がどのようにするといいのかの計画

も考えておくといいです。
※10年選手でこれができない人なら多分評価は下がるでしょう…。

対応方法については別の紙に書き出して、上司には見せずに置くのがいいですが、

 ・上司に一緒に謝りに行ってほしい
 ・他の同僚にトラブル対応の協力を指示してほしい
 ・トラブルの解決方法を指示してほしい

などです。そのためには、どうすればトラブルが収束するのかがわからないとできないので、多分新人レベルの人にはムリで、ある程度経験や知識が必要です。逆に10年選手でこれが挙げられない人はちょっと…ですね。

とくに、3つ目以外、1番目と2番めは、トラブルを起こした担当者自身が解決方法が頭にあって、それの役割分担だけがうまく制御できていない状態です。これができる人なら上司は「わかった。それでやれ」というだけです。とっても楽。




■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意





立ち読みできます立ち読み可
2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 ピンチヒッターを作る
 すべてのスキルを育てる技術
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 人が育てられなければ給料は上がらない
 アホな上司は反面教師にはならない
 人脈をスタートさせる方法
 勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する

●このテーマの関連図書


部下こそ上司にリーダーシップをとれ





■同じテーマの記事

情報が聞きたければ話してはいけない

情報収集が上手い人がいます。私の場合は、つい話しすぎて、あとで「あちゃ〜」と思う場合がよくあるのですが、とくにコンサルタントを名乗るような人は大抵、核心部分の質問にうまく持ってかれます。ここには実はいろいろなテクニックがあるようです。コンサルタントの話題を引っ張る技術コンサルタントは、自分の仮説を証明する事実をラインスタッフから聞き出そうとします。ただ、大抵の場合、社外の人間に対しての発言は、結構気を使いますので、..

業務改革の教科書2

あなたがもし、何かのプロジェクトのリーダーをやっていたり、組織を率いる管理職なのであれば、この本は絶対に読んでおいて欲しい本です。私は、この本の目次をマインドマップに書き出して、時々見返しています。管理職やリーダーに要求されることは、すごく簡単に言ってしまえば、組織力を使って会社に直接貢献できる成果を出すことです。そして、組織を改革して、常に効率を改善し続けることです。本書は、社内の結構大きな業務改革をするときに、必要なことが過不足なくリストアップされていますので..

環境を構築する1

仕事のツールとして、一番良く使うのはPCでしょうかね?多くの人がPCで、メールをやり取りしたり、プレゼン資料を作ったり、データを整理したり、契約書を作ったりと何らかの形でPC操作が仕事をする上で必要になっているのではないでしょうか。昔(といっても10年〜20年)は、PCがまったく操作できない。メールも書けないので、他の人にそれを頼んでやってもらうという上司も居ましたが、さすがに今時そんな人は居なさそうですね。ツールを改善する道具である以上、使いやすくして..

環境を構築する2

仕事のツールとして、一番良く使うのはPCでしょうかね?多くの人がPCで、メールをやり取りしたり、プレゼン資料を作ったり、データを整理したり、契約書を作ったりと何らかの形でPC操作が仕事をする上で必要になっているのではないでしょうか。昔(といっても10年〜20年)は、PCがまったく操作できない。メールも書けないので、他の人にそれを頼んでやってもらうという上司も居ましたが、さすがに今時そんな人は居なさそうですね。ツールを改善する道具である以上、使いやすくして..

次の一手を考える

新年度になってもうすぐ二ヶ月ですね。六分の1が過ぎたことになります。会社でのことにしろ、会社外のことにしろ、今年の目標の進捗具合はいかがでしょうか?ちょうどキリがいいので、そろそろ進捗状況を整理してみてはいかがでしょうか?私は毎月第一土曜日は、今年やりたかったことの進捗状況をチェックして、次の一ヶ月のアクションを決める日にしてます。家にいるとつい、他のいらないことを考えてしまうので、朝から図書館の自習室に行ったり、出勤する人が少ない時には、会社に行ったりしてます。今週..

ファイルを隠す.txt

ちょっと前にGoogleドライブの使用許諾(利用規約)が話題になりましたね。まぁ、要するに「Googleのサービスを利用すると、その内容はGoogleが勝手に使ってもいいと許諾したことになる」ということのようです。この話題あたりからちょっと気になって、もし、自分が突然病気になったり、死んだりした時に、PCに保存されたファイルはどうなるんだろうと思い始めました。こういったファイルは、自分しかアクセスできないようにしておくのが基本。しかし、PCにボットを仕込まれたり、クラ..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。