2021年08月02日

かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser




コンサルタントが作る資料って、かっこいいですよね。

もちろん、それで生計を立てているプロなんだから、シロートと比べられたら、コンサルタントは怒るでしょうけど。




■グラフの種類は多くない


でも、結構多くのコンサルタントの方とお付き合いした経験からして、実際に使っているチャートはそれほど多くはないようです。

つまり、あるテンプレートがあって、それにデータを食べさせればいいように作ってあるみたいです。

まあ、そのくらいでないと効率的には作業できないでしょうし。

■ウォーターフォールグラフ


★P184〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●滝グラフの絶大なる効果―流れを示す
 滝グラフ―マッキンゼー以外ではほとんど見られず、コンピューター・グラフイックスのパッケージにも通常は入っていない―は、量的な流動を明らかにするのにとても優れた方法である。

元マッキンゼー人にチャートについてどんなことを学んだかと尋ねたら、全員が挙げたのが、この滝グラフだった。

みんな滝グラフが気に入っていて、ときどき仕事に使っているが、他ではほとんど見ないという。そこで私なりに世の中を少しでもよくしたいと思、ここに滝グラフの秘密を公開することにした。

滝グラフは、 A 点から B 点にどのように至ったかを示す方法として極めて優れている。

図 1 と図 2 のグラフは、単純化した損益計算書を表わしたもので、左端の売上高から始まって右端の純益で終わっており、つながりのあるさまざまな項目が示されている。
 :
 :(中略)
 :
滝グラフは、静的データ(貸借対照表や損益計算書)でも動的データ(時系列データやキャッシュフロー)でも表わすことができる。

マイナスとプラスの項目はいっしよにすることもできるし(たとえば、顧客企業六社からスタートして、第一四半期に三社獲得し、次の四半期に二社失い、合計は七社となるというように)、あるいは、価値がどこで生じてどこで消えたか(たとえば、事業部門 A と B と c は黒字で、 D と E と F は赤字)を示すようなときは分離させることもできる。

どのようなデータを用いるときでも、滝グラフはたくさんの情報を明確かっ簡潔に伝える使いみちの多い方法である。ぜひ、滝の流れを利用してみてほしい。

イーサン・M. ラジエル(著) 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術
―――――――――――――――――――――★


「滝グラフ」とは「ウォーターフォールグラフ」とも呼ばれるようです。というか私にとっては「ウォーターフォール」のほうがピンときます。

作り方は

 http://pc.nikkeibp.co.jp/article/special/20110908/1036705/?P=1

が詳しいです。




■かっこいいグラフのテンプレート


たとえば、マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントがほぼ100%使うと言われている、ウォーターフォールチャート。

作り方は、ウォーターフォールチャートでググってみれば書いてありますが、いちいちそれを見ながらではなく、最初から完成形があって、データを当てはめるだけで済ませてしまいたい私のようなモノグサにはこういうサイトが便利。

 ChartChooser

これだけあれば、ほぼ全てのチャートが作れます。

書式やセルの綺麗な並びなどもちゃんと設定されてますので、ゴチャゴチャ編集して、わざわざ無駄な色使いにする必要もありません。

ローカルに置いておくと、どこに保存したかすぐ忘れてしまうので、いつもここからダウンロードして使わせてもらってます。





■参考図書 『マッキンゼー式 世界最強の仕事術





立ち読みできます立ち読み可
本書は、2つの貴重な意味を持っている。ひとつは、これまで謎に包まれていた世界的なコンサルティング会社マッキンゼーの仕事や組織、経営について、その一端を明らかにしていること。つまり、マッキンゼーそのものがテーマになった本である点だ。もうひとつは、彼らがビジネス経営問題をどのように解決するかを書いていること。つまり、世界中から集められた、きわめて優秀な「仕事師」たちの思考やテクニックを教えてくれている点だ。著者はマッキンゼーで3年間働いた元社員。そこでの経験と、同社を退職した人々へのインタビューから本書を書き起こしている。

本書の主要部分は、ビジネスの問題をどう考え、解決に向けてどんな方法をとり、そして解決策をどう売り込むかという、実際に彼らがコンサルティングを進める手順に沿って展開されている。いわゆる「マッキンゼー式」の真髄は、その最初の段階の「事実に基づき」「厳密に構造化され」「仮説主導である」という3つの柱で示されている。なかでも、問題を構造的に把握して3つの項目に集約させるテクニックや、まず仮説を立て、証明や反証を重ねながら正答に導くプロセスは、ビジネス思考の究極のモデルになるものだろう。

一方で、チームの編成、リサーチ、ブレーンストーミングの各方法や、「売り込みをしないで売り込む方法」など、すぐに応用できる実践的なテクニックも数多く紹介されている。多忙を極めるCEOに30秒でプレゼンする「エレベーター・テスト」や、毎日1つチャートを作るといったユニークなトレーニングもある。また、彼らのストレス対処法やキャリアアップの方法などもスケッチされていて、彼らの「生身」の側面をうかがい知ることができよう。

マッキンゼーの人々の仕事に対する思考やテクニックが、見事に描き出された1冊である。一読すれば、ビジネスにおける強靭な精神と、すぐれた知性の源泉に触れた気になるはずだ。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

マッキンゼー式 世界最強の仕事術
著者 :イーサン・M. ラジエル
楽天では見つかりませんでした
マッキンゼー式 世界最強の仕事術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser
 キャリアのためにすべきこと、してはいけないこと
 少しだけの成功を積み重ねる
 いつ終わるのかを言う
 通勤どこでも仕事術:毎日5分だけ勉強確保できる確実な方法
 マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック
 今日学んだことを3つ上げなさい
 情報が聞きたければ話してはいけない
 「わかりません」にはしつこく食らいつく
 目標は達成可能でなければならない

●このテーマの関連図書


マッキンゼー式世界最強の問題解決テクニック

マッキンゼー流図解の技術

マッキンゼー流入社1年目問題解決の教科書

マッキンゼー流入社1年目ロジカルシンキングの教科書

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル(Bestsolution)

マッキンゼー流プレゼンテーションの技術





■同じテーマの記事

アクションレビュー

前フリ本を読んだり、誰かと話していたりした時に、「あ、これをやるといいな」と思えるものに出会う時があります。たとえば、本に「毎日業務時間の記録をつけるといいよ」と書いてあり、これに納得したら、そうだ、業務時間記録をつけようと思うわけですが、往々にして数日で忘れてしまう。あるいは、だんだん面倒になって、やらなくなってしまう、というのがしょっちゅうでした。これでは、読書をしても自分の行動に結局変化が無いことになり、読書の効果はなかったということになります。..

Excelのセルに曜日を表示する方法

Excel を使っていると、日付のセルを作成することがよくあります。"2018/1/2"みたいに。これを"2018/01/02 (月)"みたいに表示する方法についてご紹介します。美しくない!ただ、どうもこの表示は好きになれません。単体で見る分にはいいですが、"2018/1/2""2018/1/23""2018/10/3"みたいに桁が揃わないからです。どうも美しくない。さらに、曜日も含めて"2018/01/02 (月)"みたいに表示できると便利..

「ええ仕事やなぁ」

あけましておめでとうございます。新年最初のサラヒンは、私が教訓にしているお話から始めたいと思います。以下は、涙の数だけ大きくなれる!で読んだモノを引用します。あるメンタルへルス協会の先生からお聞きした話ですが、あのパナソニックの創業者として有名な松下幸之助さんは、生前、各地の自社工場の視察に訪れています。彼が訪れたある工場の中に、ただひたすら小さいソケットのついた豆電球を磨く作業をしている工員の方たちが..

ザ・プレゼンテーション

今日は、すごいプレゼンテーションの技術の本。プレゼンの小手先のテクニックを書いたビジネス書はたくさんありますが、これはプレゼンの本質に迫る素晴らしい本です。一つ一つの身振り手振りや、目立つようなアニメーションの技術はさておき、プレゼンにおいて、どのように人を感動させ、どのようにプレゼンターの望む行動を起こさせるか、それが過去の素晴らしいプレゼンテーションを例に解説がしてあります。2007年のMacworldで、90分のうちに80..

かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser

コンサルタントが作る資料って、かっこいいですよね。もちろん、それで生計を立てているプロなんだから、シロートと比べられたら、コンサルタントは怒るでしょうけど。グラフの種類は多くないでも、結構多くのコンサルタントの方とお付き合いした経験からして、実際に使っているチャートはそれほど多くはないようです。つまり、あるテンプレートがあって、それにデータを食べさせればいいように作ってあるみたいです。まあ、そのくらいでないと効率的..

AutoHotKeyでIME制御1:IMEの状態をわかりやすくする方法

IMEの状態がローマ字入力モードだと思って打ち込み始めたら、半角英数モードで、もう一度入力し直しをするような場面がちょくちょくありました。まあ、1〜2文字で気がつけばいいのですが、勢いで入力してしまうと5〜6文字くらい行っちゃうときもあって、結構イライラします。なんとかならないものか…?と調べていたら、ImeTray64 っていうソフトがありました。ImeTray64ただ、メモリ貧乏な私としてはあまり常駐ソフトを増やしたくない…AutoHotKey で..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。