2020年07月20日

習慣を改める習慣をつける


多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。
一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。

■習慣の力


過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。

教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、

 ミラーを確認して
 シートベルトを締めて
 エンジンをかけて
  :
  :(中略)
  :
 後方確認をして
 ブレーキを緩めて
 アクセルをふかしながらゆっくりクラッチを繋いで
 他の車の流れに逆らわないように

などといちいち考えないとできませんでした。いちいち考えて、アクセルペダルの右足に力を入れる…とかやるため、行動がワンテンポずれて、車がカクカクしたり、後続車からクラクションを鳴らされたり。

ところがこれが慣れてくると、運転席に座ってから発信するまでの時間は短縮されるし、スムーズに動くようになります。そのついでにカーオーディオから流れる好きな曲を歌ったり、助手席の人と談笑をしたりできます。


■悪しき習慣の力


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

フレッドは自家用車で中央通りまでくると、信号を右折する。駐車場では、3 列めの 4 番めに駐車する―まるで彼の名前がその場所に刻みこまれてでもいるようである。

そして、きっかり 8 時にオフィスにはいる。

オフィスでは何はさておき、まずコーヒーを飲む。それから、仲間と挨拶を交わし、しゃべる。

コーヒーを飲み終えると朝刊を広げ、10 分から 15 分ほどそれを拾い読みする。

かれこれもう 8 時 45 分である。フレッドは 1 時間近くもオフィスにいながら、まだ何も仕事をしていない。
 :
 :(中略)
 :
たとえば、人は毎日、入浴、着替え、食事その他の似たような日課を何気なくやっている。

その利点は、一つのことをやりながらほかのことに注意を向けることができるということである。

思いがけないことが起きない限り、身体はいつものように動いている。不測の事態が起きた場合には、即座に頭は現にやっていることに集中し、それは習噴的行動ではなくなる。
 :
 :(中略)
 :
人間は栄養のためにコーヒーを飲むのではない。コーヒーを飲むのは、多くの場合、出勤をきっかけにして作られた習慣的行動である。

コーヒーはまた社交用の飲物で、特に、早朝に仲間同士で世間話を交わすきっかけを与える。

一体、話題は何だろうか?

早朝の会話は大体において、スポーツ、天候、家庭行事、テレビ、最近の出来事などがその中心である。茶飲み話には、めったに仕事の話は登場しない。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


本書にあるような朝の習慣をしているとき、実際は大した考えもなく行動しています。
一度習慣化すると、当たり前になって何も考えなくなるわけですね。

■習慣から抜け出す機会を設ける


私はほぼ毎日1日の行動を振りかえる時間を設けています。

この時間は日誌を書いたり、その日の改善点について考える時間にしています。
そして、やめるべき習慣、あらたにやれるようになりたい習慣について思いを馳せる。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

信じ難いことかもしれないが、人は誰でも習慣を改めるという習慣を身につけることができる

新しい習慣を身につければつけるほど、さらに多くの新しい習慣を作ることが容易になる。

改変が必要ではない場合でも、時々は変えてみることである
それほど重要ではないことを探しだし、それについての新しい習慣を作る。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


この最後の「時々は変えてみる」が結構効きます。

たとえば、首記の「朝の習慣」でいえば、朝コーヒーを飲むのを自席ではなく喫茶店にしてみる、とかです。

「そういえば、これは毎日やってるなぁ」というものをちょっと変えてみると、考えないとできなくなります。考えるとそれが有効だったのか、そもそも目的は何だったのかというところに考え至ります。

これが、習慣を変えていくきっかけになってくれます。

この、「習慣を見直す習慣」によって、より今の状況に合った習慣を身につけることが出来るようになります。



■参考図書 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック




「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
著者 :メリル・E・ダグラス

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :最安値検索

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 今やれ、すぐやれ、早くやれ
 プレゼン資料作成技術:四角のカドを使い分ける
 集中力のいる作業の前には準備体操をする
 本とともに暮らす
 やってはいけない睡眠学習
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 絶対に忘れてはいけないTODOの管理方法
 やりたくない日
 プロフェッショナルの情報術
 ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

●このテーマの関連図書


脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術

勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術

「先延ばし」にしない技術

50歳からの勉強法―自分の夢が実現する!

一瞬で恐怖を消す技術~恐怖を力に変える7つのステップ~

面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略



■同じテーマの記事

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..

行動科学で人生を変える

「今年は毎日をしよう」と決めたのに、なかなか続かない。多くの人がこういった悩みを抱えているのでしょう。私もその一人ですが。本日は「なかなか行動に移せない」「三日坊主で終わってしまう」といったことをやれるようにするためにどうしたら良いかという点を科学的に解説した本の紹介です。「行動科学」というそうです。本書で続けるということに対して、ABC分析がたしかに有効であることはすごく納得できます。ただ、本書を読みながら今ひとつわからなかったのが「ご褒美」という考え方でした。..

スキマ時間にレビューする

GTDを勉強して、「そうだ、これを実践しよう」と考えて、もっとも躓いたのは、「日次レビュー」でした。やれる日があるものの、やれない日もあり、ほんの30分ほどの時間がどうしても確保できず、タスクをやり忘れたり、消すのを忘れて、2度やったり。なんでちゃんとできないんだろうと自己嫌悪に陥ることもしばしば。レビューの時間を設けてはいけないやっているうちに、順調にこなせてレビューも着々と進む週と、全くうまくレビューが出来ない週にある特徴があるのに気が付きました。..

制約を聞く

あなたが上司からなにかのプロジェクトの遂行を依頼されたとします。まず何をしますか?方針を聞いてはいけない若いころよくやった失敗が、上司に「どういう作戦で望みましょうか?」「どう進めますか?」「どういう方針で臨みますか?」とかの聞き方。大体答えは決まってます。「それを考えるのがお前の仕事だろうが!」自分がそれを言う側の立場になって気がついたのですが、あるプロジェクト、例えば「職場の風土改革」などを立ち上げようと部下に指示した時に、上司は・どんなゴ..

糸井重里氏、他4人の手帳術「賢人の手帳術」

他人の手帳って、いろいろな意味で興味があります。とくに興味があるのが、何を書いているのかと、それを書いてどのように使っているのか、ということ。もちろん、本ブログは仕事術がテーマなので、他人のプライベートをどうこうするつもりはありません(笑)。ですので、「××の手帳術を公開」みたいな本があると、けっこう引っかかります。本日のご紹介は、特定の著者の手帳術ではなく、5人の「賢人」の手帳術の本。5人の賢人本書で紹介されてい..

仕事の五要素と5W2H

仕事は、大抵の場合、誰かから指示されて、その結果をまた誰かに渡すことで成り立ってます。指示するときや、指示を受けた時にキーポイントになるのは、QQCDR だそうです。仕事の五要素QQCDR私は「QQCDR」という仕事の五要素というやり方を頻繁に使います。それは、Quality(クオリティ・質)Quantity(クオンティティ・量)Cost(コスト)Dea..



posted by 管理人 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。