2017年05月02日

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。
一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。

■習慣の力


過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。

教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、

 ミラーを確認して
 シートベルトを締めて
 エンジンをかけて
  :
  :(中略)
  :
 後方確認をして
 ブレーキを緩めて
 アクセルをふかしながらゆっくりクラッチを繋いで
 他の車の流れに逆らわないように

などといちいち考えないとできませんでした。いちいち考えて、アクセルペダルの右足に力を入れる…とかやるため、行動がワンテンポずれて、車がカクカクしたり、後続車からクラクションを鳴らされたり。

ところがこれが慣れてくると、運転席に座ってから発信するまでの時間は短縮されるし、スムーズに動くようになります。そのついでにカーオーディオから流れる好きな曲を歌ったり、助手席の人と談笑をしたりできます。


■悪しき習慣の力


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

フレッドは自家用車で中央通りまでくると、信号を右折する。駐車場では、3 列めの 4 番めに駐車する―まるで彼の名前がその場所に刻みこまれてでもいるようである。

そして、きっかり 8 時にオフィスにはいる。

オフィスでは何はさておき、まずコーヒーを飲む。それから、仲間と挨拶を交わし、しゃべる。

コーヒーを飲み終えると朝刊を広げ、10 分から 15 分ほどそれを拾い読みする。

かれこれもう 8 時 45 分である。フレッドは 1 時間近くもオフィスにいながら、まだ何も仕事をしていない。
 :
 :(中略)
 :
たとえば、人は毎日、入浴、着替え、食事その他の似たような日課を何気なくやっている。

その利点は、一つのことをやりながらほかのことに注意を向けることができるということである。

思いがけないことが起きない限り、身体はいつものように動いている。不測の事態が起きた場合には、即座に頭は現にやっていることに集中し、それは習噴的行動ではなくなる。
 :
 :(中略)
 :
人間は栄養のためにコーヒーを飲むのではない。コーヒーを飲むのは、多くの場合、出勤をきっかけにして作られた習慣的行動である。

コーヒーはまた社交用の飲物で、特に、早朝に仲間同士で世間話を交わすきっかけを与える。

一体、話題は何だろうか?

早朝の会話は大体において、スポーツ、天候、家庭行事、テレビ、最近の出来事などがその中心である。茶飲み話には、めったに仕事の話は登場しない。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


本書にあるような朝の習慣をしているとき、実際は大した考えもなく行動しています。
一度習慣化すると、当たり前になって何も考えなくなるわけですね。

■習慣から抜け出す機会を設ける


私はほぼ毎日1日の行動を振りかえる時間を設けています。

この時間は日誌を書いたり、その日の改善点について考える時間にしています。
そして、やめるべき習慣、あらたにやれるようになりたい習慣について思いを馳せる。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

信じ難いことかもしれないが、人は誰でも習慣を改めるという習慣を身につけることができる

新しい習慣を身につければつけるほど、さらに多くの新しい習慣を作ることが容易になる。

改変が必要ではない場合でも、時々は変えてみることである
それほど重要ではないことを探しだし、それについての新しい習慣を作る。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


この最後の「時々は変えてみる」が結構効きます。

たとえば、首記の「朝の習慣」でいえば、朝コーヒーを飲むのを自席ではなく喫茶店にしてみる、とかです。

「そういえば、これは毎日やってるなぁ」というものをちょっと変えてみると、考えないとできなくなります。考えるとそれが有効だったのか、そもそも目的は何だったのかというところに考え至ります。

これが、習慣を変えていくきっかけになってくれます。

この、「習慣を見直す習慣」によって、より今の状況に合った習慣を身につけることが出来るようになります。


■参考図書 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック

「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
著者 :メリル・E・ダグラス

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :最安値検索
DMMでは見つかりませんでした



●本書を引用した記事
 期限はローリングで解釈する
 上達のコツは続けること、続けるコツは続けること
 優先順位を正確に意識する
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 時間を測定する
 予定を決めたら簡単には動かしてはいけない
 それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選
 プレゼンの原稿は作っても読んではいけない
 マルチPC環境はVNCとTeamViewer
 ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい
 あなたの時間の値段はいくら?
 朝の習慣を変えてみる
 細切れ仕事の活用法2
 細切れ仕事の活用法1
 やりたいものからやる2
 タスクの優先順位付けで排除しなければいけない邪魔者
 タスクを選択する理由を書き出すチェックリスト
 集中力を高める環境の作り方1:集中力を保つ方法
 EXCELグラフを綺麗に見せるワザ1:凡例を消す
 エクセルのSheetXは消しておきなさい
 2つの締め切りを作る
 アナログ時計を使う
 プレゼン資料作成技術:色を使い分ける
 買い物は楽しいか?
 タスクリストを整理する
 行動しながら記録する
 ネットサーフィン記録
 レビューの読み方
 デスクトップ標語
 長期計画は決めない
 カレンダー活用術
 忘れた名前のごまかし方
 今やれ、すぐやれ、早くやれ
 タスクの多重管理
 自分のケース
 マイクロ挫折をする
 OhLife
 カシオのKeisanサイト
 2ヶ月カレンダー
 昇進したい?
 アクションレビュー
 変化を起こすための3つのコスト
 人生に変化を起こす方法
 心を壊す3つの障害
 20ドル札オークション(埋没費用と競争の原理)
 本気で「良い習慣を身につけたい」と思うなら
 「覚えられない」は本当は必要としていない
 ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
 「しない」はできない
 月曜日スランプから脱出する方法
 仕事ができない人はこれができない
 優先順位と劣後順位を決定する方法
 簡単なことしか習慣化しない
 仕事を効率化すると幸せになれるか?
 心理的にプレッシャーを与えると交渉が楽になる
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 傍観者の立場で物事を見る
 判断に迷ったら判断基準を聞きなさい
 時間の浪費をやめる
 問題を報告してはいけない。行動を報告しなさい
 機会をつかむ準備をする
 問題は行動によってのみ解決される
 言葉の力をつける
 習慣の力を活用する
 やる気では仕事はできない
 到達基準点を最高にする
 ペーシング・ディスペーシング
 チームが高い成果を出すための方法
 相手の立場によって言い方を変える
 パーキンソンの法則:効率を上げるとムダ時間が増える
 時間の使い方を記録する

●このテーマの関連図書


脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術

「先延ばし」にしない技術

勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術

50歳からの勉強法―自分の夢が実現する!

直観力

一瞬で恐怖を消す技術~恐怖を力に変える7つのステップ~



■同じテーマの記事

置くべきところに置くと失せ物がない

私個人の場合、年に1,2回くらいは携帯を忘れて会社に行くことがあります。たいていは、夜充電をして、朝出勤時にカバンに入れ忘れる、というのが私のいつものパターン。会社について、カバンから携帯を取り出そうとした時点で、いつも入れているカバンのポケットにない!、「あちゃ〜、忘れてきた…」と。一方、私の家内はというと、出かける前に携帯を持っていないことに気がつけば、「携帯がない〜」と言いながら家中探し回って、出かける時間がどんどん遅れていくということがあります。出かけ..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

電車が遅れたら駅から離れる

私の経験的には、1〜2ヶ月に1回くらいは、通勤電車でトラブルがあります。電車が止まる/遅れるんです。こんなとき、どう対処しますか?別の路線を選べる人なら、それはそれで便利だとは思いますが、田舎ではそうも行きません。それ以外に選択肢はない場合には、復旧するのを待つしかありません。このときに、駅でひたすら待つというのは、生産性はゼロですね。せっかくできた時間なので有効活用するようにしてます。交通機関が遅延したら待たない交通..

情報が聞きたければ話してはいけない

情報収集が上手い人がいます。私の場合は、つい話しすぎて、あとで「あちゃ〜」と思う場合がよくあるのですが、とくにコンサルタントを名乗るような人は大抵、核心部分の質問にうまく持ってかれます。ここには実はいろいろなテクニックがあるようです。コンサルタントの話題を引っ張る技術コンサルタントは、自分の仮説を証明する事実をラインスタッフから聞き出そうとします。ただ、大抵の場合、社外の人間に対しての発言は、結構気を使いますので、本音..

早く帰りたければ、予定をいれなさい

プレミアムフライデーとか、残業ゼロの日とかいろいろありますね。実際、サラリーマンにとって、残業代というのは生活給の一部だったりする部分もありますし、仕事も大抵は予定外のことが起きて、当初の工数ではできなくなって、期限が変わらない以上残業でカバーするしかないという側面もありますが、残業っていうのはある程度は必要なのかもしれません。でも、自己啓発の勉強がしたいとか、別の趣味があってなにかしたいと思っているような場合、やっぱり「今日は残業したくないな」という日も少な..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

期限はローリングで解釈する

よく「今週中にやります」とか言ってません?私は過去にこれでよく失敗しました。今週中はあと何日?多分、今日が金曜日なら、きっと「今週中に…」とかは言わないでしょう。金曜日の午後5時は、今週中が終わるまでにあと1時間しかありませんから。ただ、水曜日や木曜日だと、意外と軽く「今週中…」と言っちゃうかもしれません。木曜日で「今週中」と言っちゃうと、「明日中に」と言っているのと同じなのですが、言い換えると結構「やばい…」と思..

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札まで無人状態で..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年15年と..

posted by 管理人 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック