2021年01月04日

図解のコツ2:単語を抜き出す


前回の記事で、「図解のはカタマリを作ること」と書きました。

■図解の最初のステップはカタマリを作ること


★P19〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと
例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。

考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャルをとってこう呼ばれています。

ここでは詳しくは説明しませんが、キーワードを書いたカード、新聞や雑誌の切り抜きといったものを、机の上で「関連性の高いものは近くに置く」「関連性の高いものでも、上位の概念は上に置く」というルールで配置していくものです。

関連性の高いものごとにかたまりができ、大量の情報をざっくりと整理できるというわけですが、出来上がったものは、図解そのもの。

かたまりを線で囲ってグルーブ化し、「→」などで関係を書き加えれば、そのまま図解として使えます。

「図解とは、位置/配置で関係を表したもの」この本質を理解すれば、たちまち文書整理が得意になるはずです。

中山真敬(著) 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
―――――――――――――――――――――★


しかし、単に「カタマリを作る」というだけでも、やったことがない人にはすごくハードルが高いです。
優秀な人が簡単にできちゃうのは、最初のハードルを意識せずに超えているので、それが難しいことだと気づいてない。


■単語を抜き出す


たとえば、ここまで、記事を読み進めましたね。では、ノートを開いて、画面を見ずに出てきた単語を書き出してみてください。配置とかは考えなくていいです。とにかく単語を書くだけ。

 :
 :→→作業中←←
 :

はい。

どのくらい書けました? 見直してみてください。

これが、話し言葉だと見直しもできません。どんどん進んでいっちゃうんですよ。

前回は簡単に「単語を抜き出してカタマリを作る」と書きましたが、抜き出すことすらできない人には、カタマリを作る以前の問題です。

これじゃあ、相手が言っていることの全体像なんて理解できるわけもない…。

あ、重要なキーワードだと思われたものがほとんどかけた人は、ここから先は読む必要がありません
また次回をお楽しみに。

■単語を読む習慣から


これを読んでいるということは、たぶん「できた」と思えるレベルになかったということですね。

じゃあ、私がやった練習方法を紹介します。

新聞の社説でも、自分の仕事に関係ある Web 記事や本いいので、500〜1000文字くらいの文章を選んでください。

私は新聞の社説でやりました。私が社説を選んだのは、繰り返しやらないと効果がないので、毎回探すのが面倒なのと、時事問題に詳しくなりたかったから。まあ、なんでもいいです。
できたら、論理的な文章が良いですが。

イメージで言うと、だいたいこの記事のここまでで1000文字くらいです。
ビジネス書なんかだと、だいたい見開き2ページくらいです。

次に付箋とペンを用意してください。

そして、付箋にそこに出てくる名詞をメモ帳に一件一葉で抜書きしてください。名詞以外は無視していいです。
コピペしちゃダメですよ。かならず手で書いてください。

これをやるのに30分くらいかかると思います。

注意深く単語を読もうと思ったら、そのくらい必要なんです。

作業はそれで終わりです。
お疲れ様でした。

これを毎日、1ヶ月続けてみてください。

私はこれを「単語を読む」と呼んでます。

■注意深く単語を読む


あとはやってもやらなくてもいいですが、この付箋をざっと眺めると、そこに書いてあった文章が思い出せるはずです。
それだけ、注意深く読むようになった、ということです。

文章というのは、単語と単語を出して、それを動詞で繋いであるものです。
単語が思い出せれば、動詞はわりと簡単に思い出せます。

もし、文章が思い出せなくても構いません。次のステップでやりますので。
これを1ヶ月間くらい続けるので、次回は1ヶ月後にやってください。



■参考図書 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本





立ち読みできます立ち読み可
コツさえわかれば、絵心がなくても大丈夫!
図解化の基本からオフィスソフト(PowerPoint、Word、Excel)の作図テクニック、
そして、全312アイテムの描き方を紹介。

あなたの企画書の説得力を10倍アップする究極の実践書! !

あなたはいくつ、描き方をイメージできますか?

□老若男女の描き分け
□人物をビジネスマンと分からせる方法
□建物を学校とわからせる方法
□公共サービス(電気・水道・ガス)の描き方
□現在・過去・未来の時間の描き分け

答えはすべて、本書にあります!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
著者 :中山真敬

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
検索 :最安値検索

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 図解のコツ2:単語を抜き出す
 パワポで同じような図形を並べるときは、「配置」で揃える
 図解のコツ1:カタマリを作る
 図やチャートをきれいに整列させなさい
 プレゼン資料にネットで拾ったイラストは使うな
 図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと
 プレゼン資料でオリジナルのオートシェイプを使う
 ニュートラルなイラストを使う方法
 図解のコツ5:配置を試行錯誤する
 図解のコツ3:キーワードを抽出する

●このテーマの関連図書


デザイン仕事に必ず役立つ図解力アップドリル

図解力の基本ちょっとしたコツだけど、だれも教えてくれない88のテクニック

伝わるイラスト思考(アスカビジネス)

手描きで考え、伝える図解表現使いこなしブック

誰でもデキる人に見える図解de仕事術(アスカビジネス)

頭がよくなる「図解思考」の技術



■関連する記事

自分を変える教室2

本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多いのではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりしてます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる気が復活してきます。つまり、1回だけ読んで「ふ〜ん。ちょっとお勉強になった」と満足に浸るような種類のビジネス書ではなく、時々読み返してみて、「今自分がぶつかっている問題はこういうことなんだ」と..

図解のコツ2:単語を抜き出す

前回の記事で、「図解のはカタマリを作ること」と書きました。図解の最初のステップはカタマリを作ること図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャルをとってこう呼ばれています。ここでは詳しくは説明しませんが、キーワードを書いたカード、新聞や雑誌の切り抜きといった..

パワポで同じような図形を並べるときは、「配置」で揃える

プレゼン資料のパワーポイントを見たり、作ったりする機会が結構あるのですが(少なくとも1日に数回はパワーポイントを使ったり見たりしている)、時々気になるのが、横に並んだ図形や表の大きさや位置が揃っていないこと。実際、揃っていない事自体には大して問題があるわけではないのですが、どうもきれいに端が揃っていない資料は居心地が悪い。もしかしたら、私だけなのかもしれませんが、こういう資料を見せられたときに、意識が「図の配置」に行..

知ってる?知らない?Excel+マウスの便利技

Excel上でマウスを使った簡単な便利ワザをご紹介します。連番を簡単に入力する(オートフィル)セルに数字を書いて、そのセルの右下でマウスカーソルが "+" になったところで下へドラッグすると、ドラッグした範囲にその数字がコピーされますね。これを使うと、あとでその数字を連番に変更する事もできるのですが、CTRL キーを押しながらドラッグすると、連番になります。CTRL キーを押すのが面倒なときは、縦方向の 2 つのセルに順番に1、2と書いて、..

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する>コミュニケーションより..

図やチャートをきれいに整列させなさい

仕事柄、パワーポイントやExcelなどでオートシェイプで書いた図やチャートを見る機会が多くあります。その際、結構気になるのが、オートシェイプやそれによって書かれた図、チャートの不揃いさ。・ホームベースのオートシェイプで流れを表すときに、オートシェイプの大きさがバラバラ・フローチャートで中心点があっていないため、接続している線が傾いている・スケジュールを書いた図が不均等に並んでるもちろん、これらは発表者(資料の作..

■同じテーマの記事

2分間でやる

恐らくGTDはご存じの方も多いと思います。あなたは実践してますでしょうか?もしすべてを実践していないとしても、一つだけ絶対にやった方がいいポイントをご紹介しようと思います。それは2分間ルール(と私が勝手に命名しているだけですが)です。処理と実行GTDでタスクの「処理」は、タスクを・やるのかやらないのか・やるとしたら誰が・いつやるのかを振り分ける作業で、以下のようなフローに従って仕分けしていきます。



posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。