2019年11月25日

上司にもアポイントメントを取る


上司になにかの相談をするときには、原則上司に打ち合わせの予約を入れるようにしています。

もちろん、緊急事態であったり、至急決済がっほしいなどというときには、いきなり話しかけることもありますが、上司には上司の都合や仕事のタスクがあり、表面上はいざしらず、いきなり何十分も時間を取られるのはあまり気持のいいものではないからです。

単なる報告だけで、1〜2分で終わるようなものなら、基本はメールで済ませます。

上司から質疑や意見がありそうなときには、短時間でも事前に連絡しておくと上司は気持ちよく対応をしてくれます。
※まあ、そのときに上司が他の緊急事態を抱えていれば別ですが。

■基本は面と向かって


基本的には相手が上司であれ、同僚であれ、部下であれ、報連相の基本はフェイスツーフェイス、「面と向かって」です。

これは効果が結構高くて、

 ・自分の存在や、自分の業務の重要度を認めてもらう
 ・その業務に対する相手の思惑を汲み取る

ことができるようになります。ただ、何十人も部下を抱える身で、一人ひとり毎日10分づつ話をする時間を取ったら、それだけで1日が終わっちゃいます。

なので、こういうのをいかに、業務に支障がない範囲で効率化するか、ということも仕事の効率課の一つですね。

そのための方法が、アポイントメント(予約)です。


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メールが重要となった今でも、口頭の報告・連絡・相談、いわゆる報連相は重要です。

どちらが大事ということではなく、「メールも口頭も大事で、それを両方行なう必要があります。」

こでも、ちょっとした「ひと手問」で、報告がうまくでさるかできないかが決まってきます。

これは、報告・連絡・相談それぞれに共通することですが、ここでは報告の場面を想定してみましよう。

こんなシーンを想像してください。きっと、どなたにも起こり得るシーンだと思います。

あなたは、上司に大事な案件を報告したくて、朝から機会をうかがっています。しかし、朝からずっと忙しそうな上司には、ひっきりなしにいろいろな方が話しに来るし、電話もしょっちゅうかかってきているため、なかなかタイミングが合いません。

もちろん、自分もずっと座って待っているわけではないので、両者のタイミングを合わせろ!」とは、至難の業のように思われます。

しかも、上司は短気です。これまで何度も、「こんなときに話しかけるな!」と怒鳴られた経験があります。

それを思うと、なかなか話しかけられないのですが、報告が遅れるとさらに怒られそうな気がして、どんどん気持ちが焦ってしまいます。

このような悩みを、ご相談いただくことがよくあります。実は、私自身も同じような経験を数多くしてきています。そして、実に簡単で当たり前のことを上司にはしていなかった、ということに気がつきました。

それは、「アポイント」を取るということです。

確実にお客様に会うためには、突然の訪問はしないはずです。当然、事前にアポイントを取ります。

しかし、社内で同じフロアにいる L 司に、「アポイントなんて必要なの?」と思われるかもしれません。しかし、これが有効なのです。

それは、「アポイント」という名目の、相手への「配慮」となるからです。

たとえばこんなイメージです。

 「新名部長、たいへんお忙しいところを恐縮ですが、今日どこかで ABC 商事の件で報告をさせていただきたいことがあります。お忙しいと思うので、部長のご都合のよいお時間をお教えいただけませんでしょうか? 10 分ほどでけっこうです」

たったこれだけのことです。

ここでのポイントは 3 つです。ひとつは、今なくていいと断っていること。二つ目は、何の案件かということを明言すること。3つ目は、相手の時問に委ねるということです。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
―――――――――――――――――――――★


■話すことを事前に整理する


本書にあるように、上司への配慮もあるのですが、私はどちらかと言えば、自分のためにアポイントメントを取るようにしています。

つまり、「こんな事報告しなくちゃ」「アレを相談しなくちゃ」と頭で考えただけでいきなり上司に話しかけたりすると、結構とりとめのない説明をする羽目になります。

私は頭の回転が良くないので、ぶっつけ本番で、いらないことを言ったり、余計な一言で上司に怒られたりすることがよくありました。
上司がにこやかに聞いてくれていると、「冗談の一つも言わなくちゃ」などと余計な気を回してご不興を買ったり、必要なことを言い忘れて、あとでもう一度話に行くことになったり…。

なので、アポイントメントの時間までに話すことを箇条書きでもまとめておく、できたら簡単なパワポのスライドにしておくなどとやると、抜け漏れがなく短時間で必要な情報が伝えられるようになりました。

上司のためではなく、自分の時間の効率化のために、人と話をするときにはアポイントメントを取るようにしてみてはいかがでしょう。



■参考図書 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方





立ち読みできます立ち読み可
常に「上司の考え」を予測しながら動く能力、それが「部下力」。
この「部下力」を身につけることで、上司を上手に動かすことができるようになり、あなたの仕事も効率的に回っていく!

上司は、仕事ができる部下が可愛く思えても、可愛いから仕事を任せるわけではない。また、仕事は一人で進めるものではなく、上司の決裁がないと進まないものがたくさんある。
そこで本書は、一所懸命に実務をこなしていても、なかなか上司に認められない、仕事を任せてもらえない、または、仕事がスムーズに進められないという部下が身につけたい「部下力」を丁寧に解説!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
著者 :新名史典

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :最安値検索

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 バカな上司の下でも成長できる仕事術1
 他人に軽く扱われない技法
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら2
 部下力のみがき方1:部下力のみがき方
 仕事や勉強のインターバルの効果的な使い方
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 報連相の手段―上司を捕まえる
 不快な状況を受け入れない
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 上司にお願いする作業は分解してから渡す

●このテーマの関連図書


あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン(DOBOOKS)

部下がきちんと動くリーダーの伝え方(アスカビジネス)



■同じテーマの記事

バカな上司の下でも成長できる仕事術1

本日は、ちょっと刺激的なタイトルのビジネス書の紹介。またしても長文なので、2回に分けてご紹介します。第1回めの本日は、本書の要約と私の書評。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事を..

面接技術:一言話す

面接官をしていると「この人ちょっと扱いづらい」と思うようなシーンがあります。どういう場合かというと、何か質問をした時に、一言で答える人。たとえば、「最近勉強していることは何ですか?」などと聞いた時に、「マインドマップの勉強をしています」などと答えられるような場合です。後が続かないよく面接技術やプレゼン技術などで、一言で要約して話をするとわかりやすいという事がいわれます。たしかに、だらだらと話しをされるのは聞く側にとっては苦痛でしかありません。まして..

部下力のみがき方1:部下力のみがき方

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方』著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

仕事で使える心理学1:詳細目次

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

posted by 管理人 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座