2017年07月26日

通勤どこでも仕事術:毎日5分だけ勉強確保できる確実な方法


何かを初めて勉強しようと思ったら、まとめて時間を取らないとなかなか難しいですが、ある程度基礎勉強が済んで継続的に知識を深くしていくのであれば、毎日少しづつ勉強することが適しています。

■毎日5分だけ勉強しよう


ところが、この「毎日少しの時間だけ××に当てる」というルーチンはなかなか成立しません。

短時間というハードルの低さと、少しづつという成果の見えにくさから、つい「後でいいや」になってしまって、その「後で」が最後まで来ないという悪いパターンにハマります。

「毎日5分」というのはそんな時間の象徴。この程度ならできるはず、が大甘で一向に5分が確保できない(しない)状態が続きます。

そこで確実なのが、毎日起こる何かのイベントをトリガに「そこでやらなければならない」と決めてしまうことです。

サラリーマンなら、まず必要なのが「通勤」というトリガです。


★P12〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

通勤の車内は、暗記物の勉強をするにはもってこいの場所です。私の場合、実際通勤車内だけを主な勉強の場にして、資格試験にトライしたりもしました。

社会人になると単語帳をつくって勉強するような時間がなかなかとれませんし、単語帳を車内で開くのも知り合いに遇うかもと思うと、恥ずかしいですよね。車内で普通に見えるのは、手帳ふうのメモ帳か、ロディアのようなメモに書いたモノをにた覚えるようにすれば OK です。

傍から見ると、何かタスクを確認しているように見えます。何かを勉強しているようには見えません。片手で持てることが大事で、手軽に持ち運べるので、同じツールを会議などの場所に持って行けば、全員が揃う前の待ち時間などに少し暗記をすることができます。
 :
 :(中略)
 :
試験でなくても必要な専門用語など覚えなければならないこともプロの社会人としては多いでしょう。仕事が終わった後に、自宅に帰ってから敢えて勉強する気にはなれませんが、

メモ帳に書いているモノを通勤電車で見返すぐらいであれば苦痛ではないでしょう。継続するためのコツは、楽にできるように仕組み化することです

縮小コピーして貼ってもよいのです。自分で単語帳をつくろうとすると時問を要する大変な作業になりますが、コピーを取るだけならば一瞬です。

継続するためには、覚える前に覚えるモノをつくる作業をできる限り減らす努力をしなければなりません。

一生懸命暗記帳をつくることが社会人の勉強ではありません。必要なことは覚える時間を確保することです。

それが自然と習慣となっている通勤電車の中なのです。家に帰って勉強のために机に座ることは習慣になっていなくても、家に帰るために電車に乗ることは習慣になっているからです。その通勤と勉強をセットにすれば少なくとも、軽い勉強時間は確保できます。

今だと、デジタルツールを活用する方法もあります。携帯電話の自分のメアド宛に覚える文章などを転送しておけば良いのです。携帯の電話を見ながら 11 &記をすることができるでしよ、つ。覚えるモノをつくるのを全く止めてしまって、英単語が配信されるメールマガジンを登録するという手もあります。大事なことなので繰り返しますが、つくることよりも覚えることが大事だからです。英語などのように勉強する人口の多い分野は、メルマガが発行されていますからそれを数個登録しておけば嫌でも勉強できるわけです。
 :
 :(中略)
 :
家に帰って 5 分だけ勉強するのは難しくても、その 5 分程度の区間だけであれば継続するのも簡単で、毎口自然に通過する場所を勉強時間にすることであれば意外とできるものなのです。

美崎栄一郎(著) 『通勤どこでも仕事術
――――――――――――――――――――――――――――★


■電車待ちのときには××をする


電車に待っているときに、スマホでゲームをするというのは実にもったいない。単なるヒマつぶしになってしまいます。
この「電車に乗るために待つ」というトリガを、勉強したい本を開いて1行でも読むことに当てています。

一旦、本を開くと電車の中でも続きを読む気になります。手に持っているのだから開くのにいちいちカバンから取り出すという面倒がないので、スムーズに本を読む作業に入れます。

私はこのおかげで年間100〜200冊の本を継続して読めています。

ハードルを低くするために、「本に飽きたら他のことをする」ようにしています。なので、気になることがあれば、電車に乗った途端に別のことをし始める時もあります。ただし、電車待ちのときにはかならず本を開くということだけは必須にしてます。

これをやめちゃうと、電車に乗ったときに本を開くという面倒なことをせずに、スマホでネットニュースを読み始めて気がついたら目的地に到着しているというパターンにハマるから。事実、このパターンで本を読まなくなった時期があります。

なので、「電車待ちのときに本を開く」というのは義務化してます。
「電車内でも読み続ける」ことは負担になったり、できない場合があったりするので、これは任意。

正確には、私の場合、本といっても物理的な本ではなく、タブレットに自炊したりダウンロードした電子媒体ですが。



■参考図書 『通勤どこでも仕事術





立ち読みできます立ち読み可
通勤や出張、顧客先への移動時間と空間をうまく利用して、いかに楽しんで仕事の効率化を目指すかを、毎日の通勤電車、新幹線、飛行機、徒歩での移動、移動中に入った喫茶店、駅、空港など、約40項目の想定シチュエーションで説明する。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

通勤どこでも仕事術
著者 :美崎栄一郎
楽天では見つかりませんでした
通勤どこでも仕事術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 記憶術:視点を変えて繰り返す
 AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする
 マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック
 記憶術:目をつぶり、暗唱する
 上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる
 通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく
 置くべきところに置くと失せ物がない
 電車が遅れたら駅から離れる
 部下からの不平不満は上司の勲章
 電車に乗ったら奥に行く

●このテーマの関連図書


枠からはみ出す仕事術

仕事ができる人はなぜ「あそび」を大事にするのか

「またやっちゃった・・・」あなたのためのこんどこそ!やめる技術

がんばる人ほど見落としている気づかいの極意



■関連する記事

記憶術:視点を変えて繰り返す

学生時代に復習といえば、勉強したことをもう一度繰り返すことでした。教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。それを使って何かをしてはじめて、「使える知識を持っている」と判断されます。記憶するには視点を変えるでは、暗記から一歩進んで、必要な知識を蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。..

AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

会社の標準のメールソフトはアウトルックです。このアウトルック、個人業務をする上ではオールインワンなので、メールだけでなく、タスクの管理やアドレス帳の管理までシームレスにできるというメリットは有るのですが、どうもキー操作が使いにくい…ショートカットキーを覚えようとしたのですが、コンビネーションキーが多くて面倒くさいです。で、AutoHotKey の練習も兼ねて、シングルキーでアウトルックの操作ができるようにしてみました。AutoHotKey最初に Auto..

マッキンゼー式世界最強の仕事術:ブレーンストーミングで最大の効果を引き出すテクニック

「ブレーンストーミング」という方法は過去記事でも何度か紹介していますし、知らないビジネスパーソンのほうが少ないんじゃないかとおもいますが、以前セミナーで一緒に聴講していた人の言葉がちょっと印象的でした。「ブレーンストーミングの正しいやり方に驚きました」たしかに、ブレーンストーミングって、「みんなが集まってアイディアを出し合う会」で、「人の意見を否定しない」くらいしか認識がない場合が少なくないのかもしれません。ブレ..

記憶術:目をつぶり、暗唱する

「ちゃんと覚えないと」みたいなシーンは、仕事だけじゃなく色んな場面ででてきます。過去記事でも、いろいろなテクニックをご紹介していますが、本日はおそらく多くの人が学生時代からよくやっているような方法。何かを暗記するためには、余分な情報を遮断して、それを繰り返し言う、すなわち暗唱するという方法が単純で効果があります。暗唱するおそらくですが、何かをお記憶しようとするときには、自然に目をつぶって、それを心のなかで繰り返すという..

上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる

仕事をする上で、何をするにしても影響力が一番大きいのは上司です。つまり、上司が自分に対して肯定的だと、仕事がすごくしやすくなります。そのように誘導する方法があります。上司の気分が良くなる方向に部下が持っていけばいいんです。まあ、聞こえの良くないいいかたをすれば「揉み手」「媚び」「へつらう」「おべんちゃら」とかいいますがね。だからといって、揉み手しながら上司にくっついて行けとか言うつもりはありません。上司の気分を良くする..

通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく

通勤電車の中で勉強になる本を読む。いかにも勉強熱心なビジネスマンですね〜。現実はと言うと、電車が来るまでの待ち時間にスマホでゲームを始めてしまい、もうちょっとキリになるまで…。で、気がついたらもう目的地。あらら・・・。電車に乗る前に準備しなさい電車で本を読む習慣をつけるには、実は簡単な方法があります。それは電車待ちのときに、本を出して手に持っていることです。元ネタはこちら…..

■同じテーマの記事

要約は自分で作らないとハズレをつかむ

過去記事でもときどき、ビジネス書の要約を書き出したりしていますが、そういうのを書こうとしてネットでついでにいろいろ調べていると、他の人が書いた同じ本の要約に行き当たることがあります。これが、ポイントとしているところがぜんぜん違うんですよ。まあ、自分がちゃんと本を読めていないのだけかもしれませんが、「え〜。そういう本だったんだ」なんて発見があったりします。要約とは抽出である本書の著者は、代議士の秘書として、情報を要約..



posted by 管理人 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。