2017年11月29日

時間を無駄にするもっとも良い方法

毎日忙しいですよね。大抵のサラリーマンは週に40時間は当然のように拘束され、その時間はひたすら何かしているわけです。ほとんどのサラリーマンは、それにプラスして残業という延長戦もこなしています。

そこで毎度会社なり上司からお達しがでるのが、「効率をあげよう」っていうテーマ。

まあ、年に1回位は聞くでしょうし、何年かに一回は全社的な活動としてやっているところもあるのではないでしょうか?

私はシステム関連の担当業務をしているので、システム化のメリットとしてよく聞くのが、「システム化によって××時間の効率化ができる」ってセリフ。まあ、大抵のシステムなんて、本音を言ってしまえば、そのくらいの効果しかないんですけどね。

■効率化のさきにあるもの


たとえば、いままで8時間かかっていた作業を1000万円のシステムを導入して、4時間にできたとしたらどうでしょう?

1人の担当者が毎日やっていたとすれば、効率は2倍!
1年の人件費を1000万とすれば、2年で投資回収できる計算ですよね。

ほんとか?

たいていはウソです

この理屈は

 パーキンソンの法則:効率を上げるとムダ時間が増える

でもご紹介していますので参照してみてください。


★P99〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●時間を節約したつもりで不毛なみお役所仕事みをしていないか
目標の重要性については、どれほど強調しても足りないぐらいである。

ここに一例がある。ワープロが秘書の仕事をどう変えたかを調べる調査研究が行なわれた。

それによると、平均的な秘書は毎日タイプに約二時間、ほかの仕事に六時間使っている。

ワープロは夕イプの仕事のほとんど全部を省いてくれるから、それによって秘書はその二時間を、もっと貢献度の大きなほかの活動に自由に使えるはずである。

ところが、調査の結果によると、ワープロを導人したほとんどの会社で、余ったはずの二時間がどこかに消えているのである。

どういうことになっているかというと、ここにパーキンソンの法則が登場するのである。

パーキンソンの法則によると、「仕事は、使用可能な時間を満たすために膨張する」。つまり、2 時間でできる仕事であっても、3 時間あれば 3 時間で、4 時間あれば 4 時間でやることになるというわけである。

役所で、よくもこんなにゆっくり仕事ができるものだと驚いたことがある人は多いと思う。

あれである。

このパーキンソンの法則は、お役所だけにあてはまるものではない。秘書たちはそうとは知らずに、残りの仕事を膨張させ、一日の労働時間を埋めていたのである。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


確かにどの職場でも、殆どの人はなんやかやと忙しいですよね。残業しなければいけないほど仕事もあるでしょう。
上司の前であくびをして、鼻毛をむしるのに一生懸命な人なんてたぶん、見たことがないでしょう。

■最高の無駄遣いは効率化を目標にすること


まずもって、「××効率化」と言って効率化活動をするのが会社ってのは好きなのですが、その効率化活動で生産量が増えるか、人がへったためしがない。

生産量が増えるのは、より多く受注したときですし、人が減るのはリストラしたときだけです

過去記事でも何度か書きましたが、「効率化」って役に立たないんですよ。空いたスペースに入れるものがない限りは。

 効率化活動をするために時間や労力を投下して、あくびをする時間を作る

最高の時間の無駄遣いですね。

どうしてそんなことになるのか?
なぜ、パーキンソンの法則が発動してしまったかというと、筆者は以下のように分析をしています。

★P100〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

なお、調査によると、浮いた二待間をムダにしていた会社は、二つの失敗をしている。一つは、その二時間の使い方についてはっきりした目標を示さなかったこと、もうひとつは、その目標が確実に達成されるような入念な計画を立てなかったこと、である。

明確な目標が示されれば、時間管理の問題の一部はほとんど自動的に解決される

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


つまり、効率化は、何かをする手段でないといけない。
「何かをする」と決めていなければ、すなわち目標が明確でなければ、効率化は時間と労力の無駄遣いでしかないというわけ。



■参考図書 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック




「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
著者 :メリル・E・ダグラス

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :最安値検索

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 時間の浪費を見つける方法
 楽しかったときの写真をながめる
 アウトルックでキーボードで「添付ファイルの保存」をする
 繰り返しタスクは目標見直し期限を設ける
 ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた
 時間日誌の効用
 期限はローリングで解釈する
 好きな曲を聞いて集中力を強化する
 努力と成果は比例しない。その2
 文章校正のためのセルフチェックリスト

●このテーマの関連図書


脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術

勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術

「先延ばし」にしない技術

50歳からの勉強法―自分の夢が実現する!

一瞬で恐怖を消す技術~恐怖を力に変える7つのステップ~

面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略



■同じテーマの記事

振り返りはテレビを見るように枠をはめて思い出す

仕事をしていれば、いろいろとストレスの原因になることが発生します。私は以前ウツでやられたときには、その日にあったこととか直近にあった大きなトラブルなどがフラッシュバックして、睡眠時間が減っているにも関わらず眠れないことも度々。「切り替えていこう」と思っても、思い出すものはやっぱり思い出しちゃうんですよ。でそれがまたストレスになる…と悪循環します。トラブルの場面を思い出すなら…いろいろな災害や事故のあとに PTSD..

楽しかったときの写真をながめる

ちょっとやる気が無くなったり、疲れたと感じたりしたら、どんな方法で回復しようとしますか?私は、とっとと帰って寝ることが多いです。もちろんやらないといけない仕事があればそんなわけにも行きませんが、「明日でもいい」ようなものであれば、やめちゃいます。どうも、気分屋なのか前向きじゃあないときにムリしてやってもいいことは少ないので。元気が出る「なにか」本書、『1分間回復法 「心」と「体」の疲労が一瞬で消える』では、「TOU..

探しものは効率化のチャンス

毎日ほぼ何かを探してますよね。私は探しものをしない日はないです。朝、「あれ、定期持ったっけ?」ってポケットの中を探り、仕事中に「確か、似たような資料を前に作ったよな〜」とライブラリを探し…そのときに「ああ、あった。良かった」で終わらせちゃうともったいない。改善のチャンスなんですよ。探しものから無理やり価値を産ませる基本的に探しものは価値を産まないです。探したものを使って初めて価値を生むわけで、探さずに手元にあればすぐに使い始められたものを、探している時間..

電話番号を覚えて脳の腹筋を鍛える

最近、なにも見ずに言える電話番号が少なくなりました。昔は、友人の電話番号くらいなら、スラスラと出てきましたし、電話番号もある程度の期間なら覚えてました。ところが、最近携帯電話やスマホが全部代行してくれるおかげで、数字を暗記できなくなったような気がします。数字の羅列を暗記するのは頭の体操になる過去記事で、「車のナンバープレートをみたら、足し算や掛け算をしてみる」という頭の体操をご紹介しましたが、本書を読んで、「ああ、..

上司にお願いする作業は分解してから渡す

他の部門で、あまり自分の顔が売れてない(認知度が低い)時、何かをお願いしようとすれば、上司の名前を利用することになります。ようは上司に、名前と人脈を貸してください、とお願いする形になります。「××の案内のメールを発信してください」「関係者にトリガになる連絡を出してください」など。こういうときに、文面や宛先などを上司に考えてもらうのは、部下としてはちょっと気が利かないと言われてしまうかも。下書きを作る他人の名前で..

予定外の仕事を予定するツール

タスク管理をするようになると、今日やるべきタスクがこなしきれないまま1日が終わっちゃうことがあります。見積もり時間が甘すぎて作業中に時間切れになるならまだしも、着手すらできずに1日が終わったときには、なんか「サイテー」な気分になります。予定外の仕事多くの場合、そのタスクの予定必要時間はやれるはずの最小時間です。オーバーするのが普通。こっちにもいろいろ問題はあるのですが、本日のお題は予定外のタスクで消費される時間です。これがどのくらいの割合を占めているか..

posted by 管理人 at 17:34| Comment(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: