2018年04月17日

イメージトレーニングの効果

最近読んだ本から。

 『ピアニストの脳を科学する

によると、ピアニストになるような人は、3〜4歳位からトレーニングを始め、20歳になるまでに1万時間以上ピアノを引くそうです。
すごいですね〜。

まあ、大した取り柄があるわけでもない凡サラリーマンにとっては、「何もそこまで…」と思わなくもないですが、その中からさらに選抜されて一流が生まれるというのは感慨深いですね。


■イメージトレーニングの効果


で、ピアニストではないですが、本書の中にこんなイメージトレーニングの効果が載っていました。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

スポーツの世界では「イメージ・トレーニング」という言葉がよく使われます。本番(試合)での緊張をやわらげ、100%の力を発揮するための、メンタルなトレーニングというだけでなく、最近では、自分の身体の動きを頭の中で鮮明にイメージすることによって、運動機能が実際に高まる、ということも知られています。

(中略)

ハーバード大学のパスカル・レオーネ教授らはこの問いに答えるために、まったくピアノを弾いたことのない人を3つのグループに分けて、興味深い実験をおこないました。

1つめのグループは、5日間、毎日2時間、実際にピアノを弾いて練習する。2つめのグループは5日間、毎日2時間、「実際にピアノを弾いている指の動きを思い浮かべる」、つまりイメージ・トレーニングをする。3つめのグループは5日間特に何も練習せずに、ふだんどおりの日常を過ごす。

そして、指の動きをつかさどる脳部位の働きがどう変化したかを、TMSを使って調べました。

3つのグループの中で、指を動かす神経細胞の働きが最も向上したのは、当然、毎日2時間ピアノを弾いて練習したグループでした。しかし意外なことに、イメージ・トレーニングをしたグループも、指を動かす神経細胞の働きが向上していたのです。そのため、実際のパフォーマンスの向上も見られました(指がより速く正確に動くようになる、など)。

古屋 晋一(著) 『ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム
―――――――――――――――――――――★


いかがでしょう?

要は、実際にピアノを弾かなくても、イメージでピアノを引いたつもりになるだけで練習の効果は上がるのだそうです。

そういえば、よく音楽を演る人はシャドウイングみたいなことをしていますね。エアギターとか。
あれはあれでちゃんと科学的な根拠があったんだ…。

そういえば、ポーランドのピアニスト、パデレフスキーがこんな名言を残しています。

 練習を一日休むと自分にわかる。
 二日休むと批評家にわかる。
 三日休むと聴衆にわかる。

ちなみに、本書によると、「ピアノを学ぶ学生のうち、2年間でスキルが向上した学生は、1日平均で 3 時間 45 分以上練習していた」ということで、イメージトレーニングを含めるともっとすごいんだろうなあ、と。


■トレーニングをする、トレーニングを継続する


能力を向上する、成長させるだけではなくて、「能力を維持する」「老化を防ぐ」という意味でも、日々のトレーニングは大事なことだと考えます。トレーニングを中断したりすれば、その能力は衰えいくでしょう。

もちろん、トレーニングを目的にして、なんか修行のようになってしまっても意味はありません。
「どのような目的で、どのようにトレーニンするか」ということも大切です。


でもその前に、まず「とにかくトレーニングの時間を確保する」ということが大事なのです。

スポーツジムでも、確かに運動内容によってはそんなに効果がないというものもありますが、「トレーニングの時間を取らない」ということが一番の悪癖です。

練習のための器具が使えない車内や徒歩中でも、その器具を使わない簡単な運動をするようにしたり、全く何もできない状態でもイメージトレーニングを欠かさなかったりと、少しでも練習に近いことを実行するようにするといいかもしれません。

毎日きちんと実行しているか、毎日何かしら鍛錬をしているか。
それだけで数日後、数年後の能力に違いが出るかもしれません。

自分たちの仕事の能力を向上させるために、「毎日これだけの鍛錬をしている」と自信を持って言えることはあるでしょうか?

たとえば、キーボードをタイプするのが仕事の一部なら、キータイプの正確さを上げるために、まいにちブラインドタッチの練習ソフトを使うのはいかがでしょうか。

ちなみに私のタイピング練習のサイト

 https://typing.twi1.me/

が結構お気に入りだったりします。

■イメージトレーニングする


もちろん、実際にキーボードがないときにキータイプのトレーニングはできません。つまり、コンテキスト(状況)に依存するものも少なくありませんが、イメージトレーニングなら時間や場所を必要としません。

なにかに習熟しようと思ったら、そうしたイメージトレーニングをちょっとした空き時間やってみる、会議室に移動しているときにイメージを浮かべてみるなどをしてみるといいかもしれません。

たとえば、

 ・会議でいま考えていることを発言している様子
 ・自分の得意分野についてプレゼンをする
 ・今の重要な課題を上司に手短に報告しているところ

なんてものです。ほとんど空想に近くてもそれはそれなりに役に立つような気がします。



■参考図書 『ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム




10本の指を自在にあやつり、目にもとまらぬ超高速で1分間に数千個もの音符を打鍵するピアニスト。

その超絶技巧と驚異の記憶力を支える脳の神秘のメカニズムとは? 医学博士にしてピアニストという異才が、最新の実験成果から明らかにします。


第1章 超絶技巧を可能にする脳
第2章 音を動きに変換するしくみ
第3章 音楽家の耳
第4章 楽譜を読み、記憶する脳
第5章 ピアニストの故障
第6章 ピアニストの省エネ術
第7章 超絶技巧を支える運動技能
第8章 感動を生み出す演奏





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム
著者 :古屋 晋一
楽天では見つかりませんでした
ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

ピアノがうまくなるにはワケがある:努力よりコツ!

からだで変わるピアノ

ピアニストへの基礎―ピアノの詩人になるために

シャンドールピアノ教本―身体・音・表現

ピアノ奏法の基礎ジョセフ・レヴィーン中村菊子/訳



■同じテーマの記事

セルフイメージを高める本当の方法

私も含め、どうもストイックな人が多いような気がします。これじゃあダメだもっと頑張らないともちろん、自分の課題を発見し解決していくことは良いことだと思います。ただ、それはマイナスをゼロにする方法でしかありません。ダメなところを改善してもプラスにはならないんです。一方で、良いところをより活用しようとしたり、より伸ばそうとするとプラスがさらに大きなプラスになります。アファメーション「アファメーション」という言葉の発祥..

ソフトに会話する(作用反作用の法則)

他人を説得して自分のやりたい活動に巻き込んでいくために、気をつけたほうがいいのは断言しないことです。どうしても、自分がやりたいことがあると、「大丈夫です。やりましょう!」みたいにいいたくなるのですが、こういうリーダーに従ってくれるのは、「言われるままやっていればいいや」と思っている人。でも、大抵の人は「そんなことやってもなぁ…」とかいろんな感想を持ってます。自律的に進めてほしいこういう人に強い態度で臨むと、従って..

相手の態度から本音を見抜く方法

相手の態度から「こんな風に考えてるかも…」「こんな人かも…」というのはなんとなくわかりますよね。おそらく子供の頃からの対人経験によって培われてきたものだとは思いますが、きちんと因果関係を説明はしにくいものです(あくまでも経験値なので)。どんな行為がどんな意味を持っているのかは、その場にいる人やその時の雰囲気によって変化するものではありますが、ある程度共通のパターンがあります。それを言葉にすると、もう少し明確にその人の..

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効

大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。Z目線のテクニックそういうときには、いろいろなテクニックをあれこれ思い出しながら、テクニッ..

しぐさで会話をコントロールする方法

だれかと話しているときに無意識にやった仕草が実は特定の意味を持って相手に伝わっている事があります。「ノンバーバルコミュニケーション」というのですが、これをうまく使うとこちらの都合を相手に気づかせることが出来ます。時計をちらちら見るよくあるパターンが、「時計をちらちら見る」っていうやつ。何か時間を気にしていて、「はやく話を切り上げろ」というメッセージが伝わりますよね。同じような仕草にはこんなものがあるそうです。..

お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない

お世辞やゴマすりが人間組織の歴史からなくならないのは、それが効果があるからです。「お世辞で上司に取り入る」というとなんだか聞こえが悪いですが、上司にうまく取り入っていかないとサラリーマンとしては仕事が続けにくいです。上司に嫌われて、仕事がうまく行かなくなったという例は、枚挙にいとまがないですが、上司に好かれて仕事がしにくくなる、というのはたぶんそうそうありません(よほど持っているスキルとかけ離れた仕事を割り当てられない限り)。..



posted by 管理人 at 08:27| Comment(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。