2018年04月24日

エクスプローラで日本語ファイル名にジャンプする方法を作ってみる



エクスプローラを表示しているときに、ファイル名の先頭文字をタイプするとフォーカスがそのファイルにジャンプします。
ただし文字が日本語だと妙な動きをしたりしてあまり使い勝手がよくありません。

これをちょっと AutoHotKey で改造してやると格段に使い勝手が良くなりましたのでご紹介。

■ファイルにいきなりジャンプする方法


最初にご存じない方のために、このファイルのジャンプ機能について説明しておきます。

エクスプローラを開いた状態で、そのフォルダに以下のようなファイルがあったとします。

 aaa.txt
 bbb.txt
 bqq.txt
 bx3.txt
 cdd.txt

フォーカスが文字を入力するようなテキストボックス以外にあるときに、

 b

のキーをおすと、bbb.txt を選んだ状態になります。

もう一度 b を押すと bqq.txt に選択ファイルが移動します。

すばやく bx とタイプすると、bx3.txt が選ばれた状態になります。

実はこの機能、何ていう名前なのか知りませんが……。

マウスで PC を操作する人には関係ない話ですが、キーボード主体で操作すると、リストの下の方のファイルを選ぶときに、これで「ド〜ン」とジャンプするとすばやく目的のファイルにたどり着けるわけです。

ただし、過去記事でも紹介しましたが、ファイル名が日本語のときには、できなくはないけどちょっと使いにくいので、私はファイル名の先頭は必ず英数字にするという命名規則にしています。

「できなくはない」というのは、日本語を入力しようと思うと、エクスプローラで日本語入力モードにして、目的のファイル名の先頭文字を入力すると妙なところに日本語変換のテキストが表示されるので、それを探さないといけないことと、まともに変換結果の編集が効かないのです。正しく入力できさえすれば

 変換結果.txt

みたいなファイルにも、

 「へんかん」→「変換」→リターンキー

でジャンプはできるんですけど、一旦確定してしまうと、もうそれはエクスプローラに送られてしまうので、「あ、変換をミスった」みたいなときに修正が効かない。


■テキストボックスを表示させる AutoHotKey スクリプト


で、いつものように AutoHotKey の出番です。

こんなスクリプトを書いてます。

◇――――――――――――――――――――――――――
vk1Dsc07B & vkF2sc070::                 ; テキスト入力ができない場面でテキストを入力する
    Inputbox, Text, "テキスト入力"
;   ClipBoard = %Text%
    Send, %Text%
    return
――――――――――――――――――――――――――◇


はい。たったこれだけです。

で、[無変換]+[カタカナひらがな]キーを押すと、ダイアログボックスが立ち上がって、そこに入力した文字を現在のアプリに放り込んでくれます。

3行目の ClipBoard = %Text% はコメントアウトされていますが、これを有効にする(行頭の ; を削除)と、入力したテキストがクリップボードに入るので、再利用ができます。

これはエクスプローラじゃなくても機能はするので(なにが起きるかはアプリ次第)、リスト表示のところでは結構な確率で使えます。

とくに表示するだけのアプリを機能キーの ALT や CTRL とのコンビネーションを使わなくても済むようにしている場合、

 AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

リボンにある入力ボックスに直接入力ができないんですよ。検索とか。

どうしてもこういう機能が必要になります。


◆このテーマのおすすめ図書


最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

世界の雇用及び社会の見通し〈2015〉仕事の性質の変化

これだけは知っておきたい「副業」の基本と常識

仕事力を高めるデジタル文章術

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法

効率化オタクが実践する光速パソコン仕事術

■同じテーマの記事

ウインドウを見やすくするショートカットキー

Windows って立ち上げると、たいていは画面の一部を専有する形でアプリが立ち上がります。…って、言い方が難しいですが、アプリは画面の上下左右に隙間を作った状態です。個人的にはこの状態は非常に使いづらいです。単純に表示面積が小さくなるので見渡せる範囲が狭い。で、ウインドウ表示をちょっと変更してやると画面いっぱいが使えるようになります。そんなときにキー一発でやれるショートカットキーを覚えていると面倒がありません。ウインドウ表示を制御するショートカットキー..

Windowsメモ帳で時刻つきメモを取る方法

ちょっとしたメモを Windows のメモ帳で取るときに便利な機能をご紹介します。と言っても、メモ帳なので適当なファイルを開いて(あるいは新規作成して)テキストを入力すればそれで完了なのですが。あるテーマに沿ってメモを残す面倒なのが、ひとつのテーマで複数のメモが必要な場合です。たとえば、そのテーマで数回程度会議をしたような場合に、その場の勢いで新しいファイルを作ったりすると、前の会議の結論が何だったのかわからなくなります。ある特定のお客様と複数回合うよう..

使いたいアプリを一瞬で立ち上げる方法

「 PC のアプリを立ち上げる」こんなところに効率の良い悪いがでたりします。会議などをしていて、プロジェクタに PC を表示している人がアプリを立ち上げるのを見ると、結構多くの人がスタートメニューをクリックするすべてのプログラムをクリックするマウスを行ったり来たりさせながら目的のアプリを選ぶってやっている人が多い。ところが、マウスって細かい動きが苦手なのなので、ちょっとクリックする場所を間違えて一覧表で上のアプリをクリックしてしまったり、下のアプリをクリックして..

エクスプローラファイル一覧を一発でソートする方法

Windows を使っていると避けて通れないのがエクスプローラ。もちろん、ファイラーを導入することで操作性を改善することは可能ですが、フォルダのショートカットをクリックしたときなど、エクスプローラの画面を見ずに済むようにするのは至難です。そうなるとどうしても気になるのがエクスプローラの使い勝手。過去記事でも何度かエクスプローラの改善方法をご紹介しましたが、本日はワンアクションでファイルの一覧をソートする方法についてご紹介します。ソートのキーボード操作エ..

同じアプリのウインドウを巡回するショートカットキー

同じアプリで複数のウインドウを開いていて、そのウインドウを相互に行き来したいときに、ALT+TAB で切り替えます。ところが、よく失敗するんですよ。たとえば、1.EXCEL ファイル A2.EXCEL ファイル B3.Outlookみたいな状態で、ファイルの A と B を交互に切り替えながら作業していると、ふとした拍子に ALT+TAB を押しすぎて、Outlook が表示されちゃうことがあります。で、「しまった〜」って再び A に戻ると、次に A..

エクスプローラの上のフォルダ・前のフォルダに移動するコツ

過去記事でも何度か書いてますが、PC はキーボードで操作したほうが素早く操作ができます。なにしろ、マウスみたいにたった2つしかボタンがないものと比べれば、100個もボタンがあるので、いろいろな機能をいきなり指定できます。もちろん、ちゃんと整備してないと使えないですし、習熟も必要なので、最初はマウスのようにグラフィカルにやり取りする方法のほうが効率がいいかもしれませんが、慣れてしまえばこっちのほうが圧倒的に早くなります。エクスプローラでフォルダを移動するコ..

posted by 管理人 at 11:08| Comment(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: