2020年04月21日

仕事を始めるときに最初にやらないといけないこと



なにか仕事を指示されたときに、最初に何をしますか?

  その仕事に関する書籍を購入すること、ネットでそれはなにかを調べること。

多くの人はそういう行動をします。まあ、悪くはありません。私の知る限り、そういう人が多いです。

そういう仕事を指示する立場になると、「で、何をすればいいですか?」と聞いてくる人がいるのにはちょっと閉口しますが。

■仕事の成果は戦略で決まる


最初に調査から入る人は、まぁそこそこの結果を出してくれます。指示した側から見ると、50点から80点くらいですかね。ちなみに、「何をすればいいですか?」と聞いていくる人は、30点がいいとこです。

ちなみに、100点以上をかなりの確率で叩き出す人もいます。こういう人はその仕事に対してこういう質問を返します。

 「その結果は誰がどうなればいいですか?

仕事の内容によって、言葉自体は異なりますが、質問の内容をざっくりまとめると、これを聞き出そうとします。

では、試しにあなたの仕事の理解度をちょっと確認してみてください。

 あなたはいまいくつかの仕事を持っていますね。その仕事を書き出してください。そして、その仕事の結果、誰が、いつ、どのようになること をそれぞれ書き出してください。
 頭に思い浮かべるだけではダメです。言語にして書き出してください。

書けましたか?

これが書けないということは、その仕事の目標を本当に理解できていないのです。目標がわからないのに、その仕事は完遂できませんよね。だから仕事を指示した上司にとっては50点にしかならないのです。

仕事の成果を出したいと思ったら、目標をたてて、それに至る道筋、つまり戦略を考えないといけないわけです。冒頭に書いた必要な情報を集めることは、目標が決まり、戦略が決まって、作戦を考える段階で必要な作業であって、最初に取り掛かるようなことではないのです。

良い目標と良い戦略がなければ、どれほどの知識があろうが、どれほどの情報を持っていようが、ただのムダにしかなりません。高等教育を受けると知識や情報が優先されがちですが、知識や情報は必要なときに、必要なだけあればいいのです。いつ、どこで、どのような知識が必要になるのかがわからなければ、闇雲に情報を集めることになり、ほとんどの苦労はムダになります。

仕事の成果というのは、目標と戦略に依存しているのです。途方も無い時間や労力を透過できる状況にあるのであれば別ですが。


■顧客と課題を明確化する


「顧客」というと、会社の製品やサービスにお金を払ってくれる人、という感じを受けるので、もうちょっと適切な言葉があるといいのですが、あまり適切な言葉がありません。

ここで言っている「顧客」とは仕事の成果である「知的生産の成果物」の受け取り手という意味です。

したがって一般的な意味での「顧客」である取引先に加え、仕事の発注者である上司や他部署の人も含まれると思ってください。今後、「顧客」というときは、知的生産の成果物(以下、単に「成果物」と呼びます)の受け手となる全ての人を意味していると考えてください。


そうすると、なぜ、調査するということを最初にやってはいけないかがわかってくると思います。
知的生産物の受取人である「顧客」は当然ながら、その成果物を欲していることからわかるように、その成果物の作り方には精通していますが、その使い方については、「顧客」の知識に及ばないわけです。

たとえば、システム開発の担当者が原価計算システムを作るに当たり、顧客(ここでは原価管理をする部署)に「原価計算の原理」などというものを滔々と説明できたとしても意味を成さないわけですね。それが1〜2ヶ月調べただけの付け焼き刃であればなおさらのことです。
経理業務であれば、成果物は伝票を適切な分類で分類して、その金額を正確にシステムに入力されたデータです。それを遅滞なく、あとで税務署に突っ込まれることのない分類で処理することが求められているわけです。決して新しい税制分類を定義してほしいわけではないのです。

これが、「調査から入ってはいけない」と言った理由です。

そんなものは、実際に使っている人(顧客)からすれば、当たり前の話です。顧客に何らかの成果物を渡そうとしているのであれば、顧客が何を欲しているか、その成果物が適切かどうかわかりません。なぜそれを欲しているかを知らなければ、最適な提供方法はわかりません。

そしてコンピュータではなく人間であるあなたに仕事が回ってきたということは、より柔軟な発想で、そこにある課題を解決したり、最適化したりはできないからなのです。

淡々と言われたことを言われたように処理するだけなら、疲れ知らずのコンピュータにやらせたほうがいいに決まっています。人間がやる理由は、そこに「発想力」という力があるからです。

それを、冒頭に書いた「何をすればいいですか」などと聞くのは、

  私はコンピュータ並みにイチから十まで教えてくれないとできません、でもコンピュータのようには早く計算できませんけどね〜 (テヘペロ)。

って聞こえてしまいます。閉口したくなるのも頷いていただけるかと。
まあ、新社会人れべるならやむを得ないことと思ったりもしますが、10年選手でこれを言われると…。

最初にやるべきなのは、冒頭の理解度の確認でも書いたように

  誰が
  いつ
  どのようになること

かを定義することです。そして、それに対して、どのような課題があって、どのように解決するのか、どのようなリソースが必要なのかという戦略を立案することなのです。

それが、文章として記述できるくらいには言語化できるまでは、それ以外のこといくら調査しようと検討しようと、たんなる時間つぶしでしかありません。



◆このテーマのおすすめ図書


単行本(ソフトカバー)

予定通り進まないプロジェクトの進め方

仕事の成果って、「報・連・相」で決まるんです。「信頼される」「トラブルがなくなる」「評価が上がる」7つのルール

学びを結果に変えるアウトプット大全

はじめてのカスタマージャーニーマップワークショップ「顧客視点」で考えるビジネスの課題と可能性

単行本

■同じテーマの記事

締め切りはその場で決める

とあるSEと顧客の会話。SE:これで要件はお伺いできたと思います。具体的な見積を作成させていただきます。客:ありがとうございます。よろしくお願いします。SE:ありがとうございました。失礼します。::後日:SE:見積が出来ましたので、お会いしたいですが…客:ちょっと立て込んでいるので、再来週まで時間が取れません…SE:了解しました。では再来週にまたお電話します。::再来週:SE:先日の件ですが…客:あれ、も..

タスク管理の手法

タスク管理の手法は、古くから様々な方法が提案されています。本書ではGTD(Getting Things Done)という手法を中心に説明をしていきますが、最初にGTD以外の手法について概説しておきます。タスク管理の手法は、どのような手法を用いたとしても前述したとおり、いくつものタスクを管理することによって、効率的に目標を達成するためのものです。そのために、ひとつのタスクに集中できる状態を作り、タスクを実行する順序を制御します。したがって、どのような手法であっても、自分の仕事や..

相手に自分自身を説得してもらう

割と中立に近い立場の人に、自分の意見に賛成してもらうためには何をするといいでしょうか?個人的な印象で見ると、こうした多数派工作っぽいことを失敗する人が多いです。それは、自分が賛同していほしい意見を言うから、「それ、自分で行っちゃダメだろう…」と思って生暖かく見ていたりします。人間は他人の意見で意見を変えない経験的に見ると、多くの人は他人の意見で自分の意見を変えることは多くありません。その人が論理性をとても重要視して..

上司にもアポイントメントを取る

上司になにかの相談をするときには、原則上司に打ち合わせの予約を入れるようにしています。もちろん、緊急事態であったり、至急決済がっほしいなどというときには、いきなり話しかけることもありますが、上司には上司の都合や仕事のタスクがあり、表面上はいざしらず、いきなり何十分も時間を取られるのはあまり気持のいいものではないからです。単なる報告だけで、1〜2分で終わるようなものなら、基本はメールで済ませます。上司から質疑や意見があ..

バカな上司の下でも成長できる仕事術1

本日は、ちょっと刺激的なタイトルのビジネス書の紹介。またしても長文なので、2回に分けてご紹介します。第1回めの本日は、本書の要約と私の書評。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事を..

やることリストとやらないことリスト

いろいろな作業を経て完成する仕事(GTDではプロジェクトと読んでますね)があった時に、よく「作りなさい」問われるのが、計画化と「やることリスト」です。これはベースになっているのは、「やることリスト」であって、それを時系列に並べたものが計画です。みなさんはやるべき作業をどのようにまとめていますか?上司の指示、クライアントとの打ち合わせでできた宿題、自分自身で..



posted by 管理人 at 09:54| Comment(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。