2022年01月03日

「やりたい」が見つかる秘訣



やらなければならない仕事があるのに、どうにも前向きになれないーー。

残念なことに、日常生活においてそういうことは少なくありません。
しかし、そんなときは "それ" を「やりたい」に変えればいい。たったそれだけのことなのですがね。
もしかしたら、「それができれば苦労はしない」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。けれども、自分なりに価値ある・意味あるものに変えていくと「やりたい」に気持ちが変わるというのです。


■やりたいと思えるようにするには


たとえば、上司から取引先に提出する企画書の作成を頼まれました。ところが、この取引先には企画書はつい最近、企画書を出したばかりです。「もう別の企画書は提出しているのに…」 と思ってしまうと作業が滞ってしまいます。

前向きになれない、ありがちな理由ですね。

これをやりたいと思えるようにするにはどうすればいいでしょうか。

前出の「自分なりに価値ある・意味あるものにする」ということで考えると、たとえばモチベーションの元が、他の人への貢献にある人なら、こんなふうに考えてみてはいかがでしょう

 「若いメンバーでもある程度完成度の高い企画書できるようなひな型を作って、それでみんなに公開したらどうだろう?」

あるいは、作業を楽にすることにモチベーションがあるなら、こんなふうに考えてみてはいかがでしょう。

 「パラメータを入れたらそれなりの企画書の本ができあがるようなツールを作ってみたら企画書が量産できないか?」

つまり、その仕事に新たな意味(個人的な目標)を付加することで、「やりたくない」から「やりたい」へシフトできる可能性があります。


■Will-Can-Want フレームワーク


よく言われる、仕事を通じて達成感を得るためのフレームワークがあります。

 Will  やりたいこと
 Can   できること
 Want  求められること

詳しく知りたい方は、"Will-Can-Want" (または "Will-Can-Must")でググってみてください。

この3つが同時に満たされるような仕事であれば、おそらく前向きに取り組めるでしょう。ただ、どんなに頑張っても、3つが完全に重なることはありません。

たとえば、自分ができること(それをするスキルを持っていること)は個人的には「できて当然」という意識があるので、それに意欲を感じることは少なくなっていきます。逆に仕事を与える側(Want側)としても、その人ができて当然のことは、それが計画通り行ったとしても高く評価することはありません。その人に求められているのは、できること(Can)よりもっと広い範囲のことでしょう。

もし、Will と Can/Want が全く重なるところがなかったら、おそらくその人はずっと不満を抱えながら仕事をしないといけないでしょうね。ただし、一般的にはそんな事はありません。

なぜなら、Can はその人の行動であり、Wantはその行動の結果です。つまり物理的に認識できるものに限られていますが、Will は意思の問題、つまり心理的なものだからです。そもそも存在する次元が違うのです。だから、人の行動はどのようにでも捉えられるのです。捉え方次第で、その意味は変わってきます。

つまり、Will-Can-Want を同一平面上に認識しようとするから、重なっているとか、重なっていないとかの認識になるのであって。もともとは

  Do (Can + New Can)  行動すること
   ↓
  (次元の断層)
   ↓
   Want         行動した結果
   ↓
  (次元の断層)
   ↓
   Will        行動することで得られる価値

という次元の層になっているものなのです。

別空間にあるものは、重ねて考えるのか、ずらして考えるのかなんて言うのは、そもそも議論できるのではないのです。

前出の例で言えば、上司は「企画書」という結果を求めています。これが Want です。
あなたは、上司から見ると満点ではないにしろ、取引先の課題を調査できるだけのスキルがあり、それを企画としてまとめるだけのスキルを持っているのです。

だから、それをやることの価値は自分で決めてしまえばいいのです。
あなたの価値観として、同僚や後輩からの感謝が大事なのであれば、その作業するプロセスをたどりながらテンプレートやマニュアルを作って、「実際にこれに従って作った結果がこの企画書だよ」と示せれば、企画書は単なる練習台でしかないでしょう。ただし、結果として企画書はできるのですから文句を言われる筋合いはないし、後輩からは「ありがとう」といってもらえるのではないでしょうか。もちろん、その企画書がショボいものだったらダメですから、しっかりと作り込まないといけません。その作り込みの過程で、「企画書にはどのような考え方が必要なのか」「なにに注意しないといけないのか」はたくさん出てくるでしょう。

「ありがとう」がもらえるのであれば、あなたにはわざわざ時間をとって作業する意味ができてくるのです。

もし、あなたが「上司から高く評価されたい」というところに価値観があるのであれば、「前の企画書よりもっといいものを作ろう」とか「上司がなぜ別の企画書を作れと言ったのかを汲み取って作り直そう」と考えるでしょう。そして、取引先に「良い部下をお持ちですね」と言われるような企画書を作ることに意識を向ければいいのです。

もし、あなたが上司を恨んでいて、足のひとつも引っ張ってやりたいと思っているのであれば、、、(以下自粛)

■どのように意味づけするかは自由


いたってシンプルな発想ですが、このように「どうせやるなら」と自分に投げかけ、その結果が生み出すものを考えていけば、仕事を「自分ごと化」でき、「やらされ感」から脱却できるということです。

Want の中に“価値や意味のあるもの”にを見出すことができれば「やりたい」マインドが生まれ、自走力が高まって楽しさも生まれるというわけです。

■Must に Will を見つける


「やりたくない」から「やりたい」へ変化させるものは、Want にたいして Will の意味付けをすることです。

とある大会社の社長になった方の自伝で、新人で最初に配属された先がシュレッダー室のシュレッダー担当だったという話を記憶しています(出典は失念)。その人がやったのは、シュレッダーが必要な紙を持ち込んできた人に、200%の笑顔で「シュレッダー室へようこそ!!」と声をかけることだったそうです。「人を元気にしたい」その人の価値観がそこにあったのだと書いてあった記憶があります。

しつこくやり続けて成功を手に入れている人たちは、このように Must に Will を見つける事ができるのでしょうね。



◆このテーマのおすすめ図書


LeanIn:Women,Work,andtheWilltoLead

ペーパーバック

単行本(ソフトカバー)

単行本

ストーリーで学ぶ戦略思考入門―――仕事にすぐ活かせる10のフレームワーク

マンガで身につくフレームワークの使い方がわかる本生産性が劇的に高まる最強の仕事術

■同じテーマの記事

頭の回転を早くするためのトレーニング#1

どこにも「頭の回転が速い人」というものはいるもので、そういう人をみるにつけ、どうして自分はこんなにアタマが悪いんだろうと思ってしまいますよね。でも、よくよく観察・分析してみると、頭の回転が速い人がやっていることが見えてきます。その要素は3つです。・課題に対して様々な角度から検討を加えられる(フレームワーク)・思考方法に自分固有のテンプレートのようなものを持っている・そもそも動作がキビキビしている単純に行ってしまえば、頭を効率よく使うことができて、ひと..

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持って..

1日ごとに差が開く天才たちのライフハック

ウォルト・ディズニー、フョードル・ドストエフスキー、アレクサンダー・フレミング、J・K・ローリング、イチロー・・・世界に名を馳せた天才・鬼才たち。その人達は、当然ながら他人にはない才能で世界を驚かせたのですが、単なる才能だけでそこにたどり着いたわけではありません。誰にでもやれる小さな努力を、他人が真似できないほど圧倒的に続けてきたからこそ、そこにたどり着いたのです。圧倒的な天才たちの圧倒的に小さな努力圧倒的な成功を..

1日ごとに差が開く天才たちのライフハック

ウォルト・ディズニー、フョードル・ドストエフスキー、アレクサンダー・フレミング、J・K・ローリング、イチロー・・・世界に名を馳せた天才・鬼才たち。その人達は、当然ながら他人にはない才能で世界を驚かせたのですが、単なる才能だけでそこにたどり着いたわけではありません。誰にでもやれる小さな努力を、他人が真似できないほど圧倒的に続けてきたからこそ、そこにたどり着いたのです。圧倒的な天才たちの圧倒的に小さな努力圧倒的な成功を..

ゲートファインディングモデル1

よくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですね。よく言われるのは、・コスト効果・問題点の解決効果・実行しやすさ(初期投資の少なさ)などですね。でも結局、メリット・デメリットを勘案するとよくわからないので、メリット・デメリット列挙して、点数付けして合計するみたいな答えになってしまいがちです。しかし..

「自分も賛成です」で終わらせない

「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない..



posted by 管理人 at 20:29| Comment(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。