2022年01月31日

「最近使った〜」で素早くファイルを開く



ファイルを開く時に、エクスプローラーを開いて、そこから共有フォルダを開き、順番にフォルダツリーを展開していって、ようやく目的のファイルを開く。
まあ普通にやっている作業でしょう。

すんなり見つかればいいですが、目的のファイルが度のフォルダに入っているかって、完全に覚えている人は少ないでしょう。
特に大きな組織で共有しているファイルというのは、自分の期待通りの分類がされるわけではないですし、ファイル数も多くなるのでこの傾向が顕著になります。

ともすると、「あのファイル、どこにあったっけ?」とフォルダを探し回る羽目にもなります。
メールやチャットでフォルダの在り処を連絡してもらった場合、フォルダを探すよりもまずメールを探し出すことが困難だったりします。


■一度開いたファイルはWindowsが覚えておいてくれる


ご存じの方も多いですが、エクスプローラーのツリービュー(左側のフォルダツリーが表示されているところです)の先頭には、「クイックアクセス」という部分があります。

これは文字通り素早くファイルやフォルダにアクセスするための機能です。これをひらく(エクスプローラーでクイックアクセスをクリックする)と、最近使ったファイルやフォルダが一覧で表示されます。

これをつかえば、直近に使ったファイルやフォルダであれば、いきなりそこにジャンプてきます。



shell:::{22877A6D-37A1-461A-91B0-DBDA5AAEBC99}


◆このテーマのおすすめ図書


まんがでわかる99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

単行本

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書

単行本(ソフトカバー)

図解仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方

単行本(ソフトカバー)



posted by 管理人 at 18:43| Comment(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。