2022年05月16日

ニュースに反論してチーム内の影響力を高める方法



「考える」ということは非常に抽象的なことがらで、よく「ちゃんと考えろ!」と上司からお叱りを受けることはありますが、どうなっていたらちゃんと考えたといえるのかについてその上司に上司に質問したらちゃんと指導してくれるのかは大いに疑問なところです。

■「考える」とはなにか


「考える」ということは何かというと、人によって、あるいは見方によって大いに異なっています。
しかしある一面において言うと、「様々な方向から対象を見て、その影響や根拠を検討すること」という側面もあるのではないかと思います。

■考えるためのトレーニング


しかし、こういうことを、じっくりするのは案外難しいものです。なぜなら、自分の周囲においては次々と、そうする必要のある場面が流れてきて、それらについてひとつずつ丁寧に「考えている」時間はないからです。
このため、より迅速に考えることができるようになることで、会話においてもより多方面からの検討した結果を提示できるようになります。そのためにおすすめトレーニング方法をご紹介します。

その基本は「ディベート技法」にあるのですが、ディベートについて述べていると、本が何冊もかけちゃうので、ここでは、具体的に何をすればいいかの一端だけをご紹介します。


■4つの指摘


その方法とは、新聞の社説欄を見ることです。

ただ社説欄を見ているだけでなく、その社説欄の趣旨を理解し、それに対して

 ・言わんとしていることを一言で要訳する
 ・結論に対して反論し、その誤謬を指摘する
 ・結論について賛成し、結論強化する所見を述べる
 ・主旨について、そこに述べられていない意図を説明する

この4つを毎日やってみてください。

なれないうちは、これをノートに書き出すと良いでしょう。ゆっくりやれますし、書いてある物を見ることで自分の所見を客観的に見ることもできます。

これに慣れてきたら、同じことをニュースに対してやってみてください。
そして、最終的にはキヤスターがニュースを読んでいる間に、最低五つの疑問を提示することができるようになると、会議でも的確に重要な点に関して所見を述べることができるようになります。その結果あなたの意見はあなたのチーム内で大いに影響力を高めることが可能になります。



◆このテーマのおすすめ図書


うまくいく人が仕事以外でやっていること99

ジェフ・ベゾス果てなき野望

人は話し方が9割

単行本(ソフトカバー)

CultureandCosmosVol18Number1

コンサル一年目が学ぶこと

■同じテーマの記事

頭の回転を早くするためのトレーニング#2

どこにも「頭の回転が速い人」というものはいるもので、そういう人をみるにつけ、どうして自分はこんなにアタマが悪いんだろうと思ってしまいますよね。でも、よくよく観察・分析してみると、頭の回転が速い人は生まれつき回転が早かったわけでなく、意識・無意識にしろ、そうしたトレーニングをしてきた結果なのです。頭の回転を早くするトレーニングトレーニング前回、頭の回転が速い人は、ひとつひとつの動作も早くなることを書きました。今回は、..

アナログ時計を使う

PC時計はシンプル イズ ベストちょっと周りを見回してください。あなたの周り、見回して時計が見えますか?生活でも必要なのですが、仕事となると、時計がないと何かと不都合です。私の場合、仕事時間の95%は目の前にPCがあるので、PC画面の隅につねに時計が表示されています。私の愛用はYTClockこれを使うようになったポイントは、アナログ時計でシンプルであること。以前にご紹介したArtTipsは超多機能なものを使っているのですが、時..

スピード段取り術1

本日は久しぶりにビジネス書のご紹介です。ちょっと古い本ですが(私が新しい本を紹介すること自体が珍しいので、普通かも)、これも折にふれて(大体1年に1〜2回)は読み返している本です。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においておきたい本の1冊。これ..

面倒くさがり屋の55の法則

本日は、私がやる気がでない時に、「ちょっとだけやってみよう」と思えるようにするために、繰り返し読み返している本のご紹介。読み返していると言っても、ほとんど目次だけなのですが、ひとつひとつはすごく薀蓄のふかいお話で、1つづつで本記事なら2〜3回はかけちゃうようなイメージ。すべてをやることはできないですが、今すぐ何かひとつやってみようとすると、ちょっと行動ができるようになります。もし、「あ〜、こんな作業かったるいな」と思ってしまったら、気分転換にこの本にあるようなことを何..

毎日基礎トレーニングをする

トレーニングをしていますか?あなたの仕事における基礎能力は何かを考えたことがあるでしょうか。たとえば、PCを操作する仕事であればキーボードの入力の早さ、プレゼンをするのであれば声の出し方、生産ラインで組み立てをするのであれば、手先の動かし方などです。これらはすごく基礎的なことですが、これができないと話にならないものです。自分が知っている範囲で言うと、驚くほどこういった訓練をしていない人が多いです。私は基本ソフトの開発部隊を率いてますので、そのメンバーはPCのキーボー..

識者を探す

上司と部下の大きな違いのひとつに、「人間関係の力」というのがあると思います。ある部門や課を任されていると、当然他の部門や課の業務の折衝に代表として参加することになるので、どの部門にどういう人がいて、どういう力関係や知識を持っているかがある程度わかるようになります。一方部下はというと、自分の参加しているプロジェクトに関係しているメンバーのことであればわかりますが、その人が所属する部門の中でどの程度専門知識を持っているのかは比較対象が無いためにわかりません。この違いのため..



posted by 管理人 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 発想法・アイディア術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。