2021年05月03日

反対せずに異論を言う方法





会議の場で、A,Bの2案があるようなときに、自分だけがB案に賛成するような場合、真っ向からA案を否定すると、「お前は状況がわかってない」とか「空気を読めよ」とか言われて袋叩きにあう危険性があります。

とくに、上司がその場にいて、上司の意見にも反対を唱えるような場面があれば、上司にはメンツがあるので、B案をクソミソにけなすというような状況になったりします。最後には、B案の賛成者自身に攻撃が及ぶ。


続きを読む


posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会議術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月19日

意思がうまく伝わらない人に足らないもの


よく「話題をひとつに絞る」と良い結果が得られると言われます。話したいことがいくつもあって、それを全部話そうとするとひとつも伝わらない、みたいな。

これは経験的にも実感があります。

続きを読む
posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | 会議術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効




大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。
1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。

だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。

続きを読む
posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会議術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。
続きを読む
posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | 会議術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

会議が失敗する理由




会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。

日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。

本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。


続きを読む
posted by 管理人 at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会議術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。