2015年12月25日

楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある



仕事、楽しいですか?

私は、「どちらかと言うとそうかな」です。

★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

仕事がつまらないという人にアドバイスするとしたら、僕は次のいずれかをお話しします。

 「つまらない仕事はない」
 「楽しい仕事なんてどこにもない」

「はじめに」でも述べたように、この 2 つは一見逆のことを言っているようですが、言いたいこととしては同じです。どちらも「仕事が楽しくなるかどうかは自分次第」という意味なのです。
 :
 :
トム・ソーヤーの物語にも有名な話があります。

罰として塀のペンキ塗りを課せられたトム・ソーヤーは、その仕事がとても嫌でしたが、たまたま通りかかった友人の前で楽しそうにやってみせます。すると友人から「僕にもやらせてよ」と頼まれます。

トム・ソーヤーは仕事を友人にやってもらったうえに、お礼としてリンゴなどの物品まで手に人れることに成功しました。彼は、「他人の仕事は面白そうに見える」ことをうまく利用したのです。

一見華やかな外資系企業に動めている人たちにも、こんな図式があります。

一般企業の人はコンサル企業に憧れる。コンサル企業の人は投資銀行に憧れる。投資銀行の人は投資フアンドに憧れる。投資フアンドの人は十分お金を稼いでいるので、 NPO で社会買献をしたくなる。でも NPO は世間からあまり注目されない。それなら一般企業で働いたほうがいいんじやないかと考えを改める。

一周して一般企業に戻ってきました。

結局、どっちの仕事が楽しいかなんて、誰にも分からないことなのです。

唯一の例外は、その業種が好きだという人。パンが好きだからパン屋さん、服が好きだから服屋さん、音楽が好きだから音楽家というような人にとっては、楽しい仕事というのが明確だと思います。

それ以外の多くの人にとって、「楽しい社事」がどこかにあるわけではなく、「仕事を楽しめる自分がいるかどうか」ということなのです。

岩瀬大輔(著) 『入社10年目の羅針盤
――――――――――――――――――――――――――――★


一言で言ってしまえば、

 楽しい仕事があれば幸せだが、仕事を楽しめれば十分

ということですかね。全く同感です。

■「楽しい」より「楽しむ」


「楽しい」というのは、「楽しんでいる自分」がいるから得られる結果であって、それをどうこうすることはできないのではないでしょうか。

それよりも、「楽しんでやろう」と自分が何かすることで、楽しくなるのではないかと思います。楽しいかどうかは与えられるものではなく、自分が積極的に楽しめば、それでいいのかと。

私の場合、

 知的好奇心が刺激される
 「自己効力感」が味わえる

というのを「楽しい(気持ちが前向きになる)」と感じるようなので、仕事の中にそういう要素を発見しようと努めてます。こういうツボは人それぞれですし、ツボは年齢や環境にも影響されるので、本書のように、一概に「何をするといい」と決めつけられるものではないと考えてますが、多くの場合、自分が何かに積極的に参加している感があると「楽しい」と感じられるらしいです。

仕事も、「オレが工夫して変えてやろう」と思うと楽しめるかもしれません。でも、自分のやりたいことだけをやらせてもらえるわけでもなく、苦痛なこともありますので、やっぱり、「楽しい時もあれば、そうでない時もある」という感じですか。



■参考図書 『入社10年目の羅針盤


右肩上がりの時代なら、一流企業に就職し、順調に出世して、経済的にもゆとりのある暮らしを築くことが、共通した幸せの概念だったかもしれない。しかし人々の間で物質的な豊かさよりも精神的な豊かさが求められている昨今、若い人たちも、上を目指すだけでは自分の幸せにたどり着くことができないことに気づき始めている。よく「最近の若者は出世欲がない」などと言われるが、出世の先に自分の目的とする場所があるわけではないということを、感覚として分かっているからではないだろうか。

入社10年目というと、30歳前後の若手ビジネスパーソンにあたる。経験を重ね、スキルも身についている頃だが、責任も与えられ、部下を束ねている人もいる。私生活でも結婚や出産を意識するなど、考えることの多い年代だ。若い頃はただがむしゃらに進めばよかったかもしれないが、30代以降はしっかりと方向を定めて進んでいかなくては目的地にたどり着けない。

うまくいかない時、つまらない仕事をしなければならない時もあるだろう。しかし自分の目標が定まっているのであれば、それを平然と乗り越えていく術も必要だ。

 失意泰然(しついたいぜん)、得意淡然(とくいたんぜん)。

うまくいっていない時こそどっしりと構えよ、うまくいっている時こそ謙虚であれ、といった意味合いの言葉だ。この本でも紹介している。

◆アマゾンで見る



書名 :入社10年目の羅針盤
著者 :岩瀬大輔

◆楽天で見る


 
入社10年目の羅針盤

入社10年目の羅針盤
著者:岩瀬大輔
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





posted by 管理人 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

弱音を吐くな

私が子供の頃、よく言われた記憶があるのが

 「男が弱音を吐くんじゃあない!」

ということば。記憶に残っているというのは多分やたら弱音を吐いていたんでしょう。

以前の記事でもいくつかの忌み言葉をご紹介しましたが、今回は「弱み」という忌み言葉のご紹介。

■才能がある人は弱音を吐かない


多くの著名人、歴史上の偉人の記録で、「よく弱音を吐く」人は私が知るかぎりほとんどいません。
「時々弱みを見せる」人はいましたが。

ビジネスの現場は弱肉強食とか言われますが、平凡なサラリーマンにとっては、「相手を食ってやろう」まで冷酷にはなれませんが、「人間は平等であり、公平に扱われなければならない」とか、「強さと弱さが共存してこそ人間味がある」などというお題目を信じるほど、私は若くもありません。

弱みを見せるというのは、親近感を得られるという効果はあっても、尊重されるとか重く見られるという効果に対しては逆効果である場合が多いです。

超強力なリーダーが側近の本の一部のひとにだけ、時々ぽつんと弱みを見せるからその人達に対しては絶大な忠誠心を起こす効果があるのであって、適当に会社からリーダーを任されている程度の凡人がそんなことをすれば、リーダーとしての権威に傷をつけるだけのことです。

とある心理実験で、

 「よし、やれそうだ」
 「これでダメなら、次は○○してみよう」

と発言する人と

 「難しすぎる…」
 「ダメだ」
 「ムリだ」

と発言する人を評価してもらった所、周囲にいい影響をあたえるのは前者だったそうです。
そりゃそうですよね。後者のような発言ばかりをする人と積極的には一緒に仕事をしたくはないですよね。

■忌み言葉


以前の記事でもいくつかの忌み言葉をご紹介しましたが、今回は「弱み」という忌み言葉です。

 「どうせ 〜 だから〜」
 「仕方がない」
 「疲れ(まし)た」
 「もうダメ」

こういった言葉を使わないように注意してます。
思わず使っているかもしれませんが。

■相手を見て弱音を吐く


とはいえ、スーパーマンでもなければ、弱気になったり、弱音がでることもあります。
溜めておいては、それこそストレスで病院に行くことになりかねません。

ですので、そういうのを聞いても問題のない人には積極的に弱音を吐きだしてバランスと取らないといけません。

出典は失念してしまいましたが、豊臣秀吉は何事にも自信満々で、「それならサルめがやってご覧に入れましょう」とか余裕たっぷりにことをなしていたそうですが、家に帰ると妻の"ねね"の前では、もうダメ人間の典型のような弱虫ぶりを発揮したそうです。それが愛情表現にもなっていたのでしょうし、精神的なバランスを取ることができるようになっていたのではないでしょうか。

弱音を吐くときには、相手を選んで。
会社では、自信・余裕たっぷりに難しい課題に取り組みたいものですね。


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

欲しいものを考える


もうすぐ1月も終わりですね。
早いもので、もう12分の1が終了です。

■欲しいもの
もし、あなたが、携帯電話もテレビも持っていなくて、(例えば観光案内などのように)外国語が必要な仕事をしているとしたら、あなたは何をしますか?

 ・携帯電話を買う
 ・テレビを買う
 ・外国語教室に通う

人間はどうしても、「今欲しいもの」に気持ちが集中します。

最近、こんな本を読みました。

 「貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える」
 
 貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える

この本に、以下の様な事が書いてありました。

★――――――――――――――――――――――――――
3人とも水道も下水設備もない小さな家に住んでいました。
彼らはなんとか仕事を見つけて、子供に良い教育を受けさせようと苦労していました。それでもみんなテレビ、パラボラアンテナ、DVDプレーヤー、そして携帯電話を持っていました。一般的に、貧乏な人々が生活を退屈から救ってくれるものを最優先しているのは明らかです
――――――――――――――――――――――――――★


■「経営者の条件」と「7つの習慣」
これはドラッガーもしばしば著書の中で言っていることで、

★――――――――――――――――――――――――――
第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。何をしたいかではないことに留意してほしい。
――――――――――――――――――――――――――★



のように書いています。

同じことは、「7つの習慣」でも「第3の習慣:重要事項を優先する」と書かれますね。


■将来必要なものに投資する
以前に

 時間管理のポイント
 http://sarahin.seesaa.net/article/347443129.html

という記事で、「投資」「消費」「浪費」という3つの時間の使い方について、考えていることを書きました。

時間だけではなく、あらゆる資源を投資にしないと、この本「貧乏人の経済学」に書いてある「貧乏人」というひとたちとおなじになってしまいますね。

さて、

 ・あなたは今現在していることは「投資」ですか?
 ・今日、現時点まで、どのくらいの資源(時間、お金、労力)を「投資」に使いましたか?

ちょっと振り返ってみませんか?
posted by 管理人 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

「やれ」でやるな「やる」でやれ




自分の直接の部下ではないですが、ある部署にいる管理職で「ちょっと…」なひとが居ます。

その人の口癖が

 「〜〜でやるようにいわれたから」

というセリフ。

この人、部下にすごく受けが悪いですね。組織にまとまりがないし、組織の長として部下から信頼されてない。どうしてこの人、管理職になれたんだろう??、と不思議に思えるくらい。

■「やれ」でやってはいけない

たとえそれが上司であっても「やれ」と言われてやったことというのは、自分には責任がないと思えるみたいで、結局、何も工夫をしません。そうすると大体成果というのは、みすぼらしい程度のものしか出ないことが多い。

これを同じく、上位者が下位者に、「〜〜さんがこう言っていたから、やってください」と指示すると、2重の「やれ」が発生します。

それを受けた部下は、やり方に困っても、直接の上位者は相談にも乗れない。だって自分の考えや方向性があるわけではないから。たんなるパイプです。中身は空っぽ。

で、部下はどうするかというと、直接「やれ」といった人に相談に行くか、悪くなる一方の状況を見て見ぬふりをし始めます。殆どの場合後者。

■「やる」でやる

当然会社組織ですので、何をするかは上から下に落ちてきます。

   部長から室長へ、室長から課長へ、課長から係長へ、係長から平社員へ。

これは変えようがありません。

しかし、上司からから中間管理職へ指示が降りた段階で、その中間管理職は、その指示を自分の責任において、部下に出さないと、「こいつには相談してもムダ」と思ってしまいます。

逆に、降りてきた指示を、「自分がこうしたいからやるんだ」と決めれば、

 「なぜこうしたいのか?」
 「どうなればいい結果といえるのか?」
 「どのような選択肢があるのか?」

ということを当然考えることになります。

通常、「上司から指示を受けた時に、きちんと確認しておきなさい」と言われるようなことは自分で考えるんですね。自分で考えたことだから、何か不測の事態が起きても対応できるし、何とかしようとします。ここらへんが、スキルとしてよく紹介されているものですが、その背景にあるのは

 「やる」と決める

ことではないかと思います。

あなたは、今やっているすべての業務を、

 自分が、やりたいと思ってやっている

でしょうか。

■同じテーマの記事

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札まで無人状態で..

メモ帳の消費量を測定する

1ヶ月にどのくらいメモ帳を消費してますか?私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360枚、1日平均で約12枚のメモを書いたことになります。実は昔はもっと多かったです。これは最近デジタルのメモ帳(Google Keepです)を使うようになったためでした。ヒラメキはとにかく書く私は大抵ポケットにメモとノートを入れてます。..

社内研修の講師になる

別の記事でも書いてますが、人に教えるというのは最高の勉強方法です。ただし、隣の後輩に「あ〜君、ドラッカーのマネジメントについて教えてあげるよ」と言ったらなにが起きるか、まぁ想像がつきますよね。社内研修たぶん社内研修ってあるでしょう。社員だけを集めていろんなことを教える研修です。その講師は、内容によっては社外から招くこともあるとは思いますが、会社の実務に沿ってというとやっぱり社員を講師にするということも多いかと思います。その講師..

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年15年と..

通勤どこでも仕事術:平積みにしておくと読書モチベーションが復活する

ちょっとした読書量を増やすためのハックをご紹介します。読書通勤を習慣化する仕組みづくり毎日一冊は本を読んでいますが、実は通勤中に本を読むことをしなかった時期は、ほとんど本を読むこともありませんでした。月一冊も読めば良いほうだったと思います。そう考えると、ほとんどの本を通勤中に読んでいるわけです。私の読書の習慣が続いている秘訣をここでご紹介します。まず、複数の本を積ん読..

大勢の前でプレゼンするときはZ目線が有効

大勢の前で何か話そうとするとかなり緊張します。1対1で話すときでも多少は緊張していますが、ちょっと大きな会議で発表をしたり、そこで何かコメントしようとしたりすると、もうドキドキが止まりません。だんだん職位が上がってくると、こういう場面が多くなるのですが、やっぱり苦手っていう感覚は否めません。もちろん、昔と比べると多少は良くなりましたが…。Z目線のテクニックそういうときには、いろいろなテクニックをあれこれ思い出しながら、テクニッ..

メールは見るのを急くな、返事は急げ

他の人の PC 画面を見ると、メールクライアントが立ち上げっぱなしになっている人が結構います。最小化されているわけでもなく、デスクトップにど〜んと。新着のメールがあるかどうかがわかるように、実際に作業している Excel はちょっと小さくなってしまっていたりして…。これじゃあ効率が悪いだろう…と思うのは、私が時間貧乏だからだろうか…メールはすぐに見るな過去記事でも何度か書いてますが、メールのGTDメールの自動受信はオフにしておきなさいメールの処理メールはプ..

標準時間を持つ

いろんな仕事ををしている人でも、仕事を分割していくと、結構な量の定型業務に行き着きます。結局、仕事を速くするためには、パターンの決まった業務をいかに素早くやれるようになるかと、無駄な仕事をしないことです。本日は、仕事を早く終わらせるための基本的なアプローチ方法について。標準時間製造の作業は、標準作業と標準時間から出来上がっています。標準時間は、非常に単純な作業(たとえば、「電動ドライバを持つ」とか)の時間からできていて、複雑な..

風邪で休まない

ふつう、風邪を引いたら休みますよね。まあ、仕方ありません。でも、もったいない。過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。お休み..

優先順位を正確に意識する

優先順位って簡単な言葉で説明できますか? 仕事をする上で、たったひとつのタスクしかない状態はありません。たいていは、アレもしなきゃ、これもしなきゃ、状態で、「から手を付けよう」と決めてかかりますよね。上司からも「を優先してやってくれ」と言われたことも多いと思いますが、本当に優先してますか?優先事項があるときは他の仕事をしてはいけない単純に言えば、優先順位をつけるというのは、その第1番目のことが終わらなければ、それ以下の..

イライラや嫌悪感はピーナッツリフレッシュ法で解消する

イライラしたり、「なんかイヤだなぁ」「やりたくないなぁ」というときには、ちょっと別のことをすると解消したりします。ピーナツ集中法を試すピーナツを上に放り投げ、落ちてくるのを口でキャッチする遊びをしたことがあるでしょう。イライラした時、それを繰り返します。気づいた時は怒りを忘れています。人間は、二つのことに同時に集中できません。それを応用した方法です。ピーナツ遊びという単純な行為..



ラベル:やれ やる 他責 自責
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

ベストビジネスマインド2012




今週は2012年のまとめをお送りします。

今日は、2012年に紹介したビジネスマインドに関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。

■出来ないって言うな!

http://sarahin.seesaa.net/article/249217617.html

   不為也。非不能也。
   なさざるなり、あたわざるにあらざるなり

仕事は別の部署(人)からのインプットがあって、それをまた別の部署(人)に対するアウトプットに変換する過程ですので、インプットを断ってしまえば、つぎにはインプットをしてもらえなくなる。だから、「できない」と言うのではなく、「どうやったらできるか」を提案しよう。

■結果が全てじゃぁない

http://sarahin.seesaa.net/article/279606563.html

「結果が全てではない」というのは結果を出した人が言うべきこと。
結果が出せないひとがそれを言えば、単なる言い訳にしかならない。
まず結果があって、それをどのように出したのかが初めて問われることになる。結果が出せなかったのに、「頑張ったプロセスを認めて欲しい」といわれても、会社は認められない。それを認めちゃったら、「頑張りさえすれば会社は倒産しません」といっているのとおなじになってしまうから。


■面接のキラーフレーズ

http://sarahin.seesaa.net/article/279606565.html

昇級面接で、その瞬間だけ取り付くおうとしても、面接官を任されるレベルの人から見れば一目瞭然。面接で面接官が見ようとするのはコンピテンシー。コンピテンシーとは、一度出した成果を別の環境で、もう一度やって見せられるかという成果の再現性のこと。
面接するときに、「あなたはこの面接のために、どのような準備をどのくらいの時間をかけてしてきましたか?」と聞けば、普段どのような態度で仕事をしているかは簡単にわかる。

■モチベーションなんかでない

http://sarahin.seesaa.net/article/301330317.html

モチベーションというのは、出そうと思って出せるものではない。
モチベーションで仕事をされたら、その日の気分で成果が変わることになり、上司としてそんな恐ろしいひとに大切な仕事を任せられない。
モチベーションがなくても一定の結果が出せるような仕事の仕方を工夫し、モチベーションは、結果のちょっとしたプラスアルファ程度になるように仕事術を極めよう。

■点を打つ

http://sarahin.seesaa.net/article/279606562.html

いろんな業務、いろんなところに顔を出そう。
あちこちに点が打たれると、それがやがて布石となって自分の仕事に広がりが出る。


■人事異動はチャンス

http://sarahin.seesaa.net/article/292661026.html

人事異動を言い渡されたら、それはチャンス。
特に社内でも人気のない部署は栄転である。花形部署の課長も窓際の課長も課長は課長。
鶏口となるも牛後となるなかれ。

■1年の計は元旦にない

http://sarahin.seesaa.net/article/241136382.html

「一年の計は元旦にあり」などというが、何かをやろうとするときに、元旦に計画を立てなければいけないということはない。元旦は単に暦が一周した日にすぎない。「やろう!」と思った時が始まりの日である。



◆このテーマのおすすめ図書



国民春闘白書〈2012年〉

仕事のカタログ2012-13年版―1600職種最強の「適職発見」ガイド

55歳から65歳で始める「ちょっといい仕事」100〔セオリー〕2012vol.1

女性労働の分析〈2012年〉仕事と介護の両立離職せず働き続けるために

日経キャリアマガジン2012年vol.2仕事に効く、スキルをアップさせる社会人の大学院ランキング2013

自ら仕事を創造せよ2012年3月



■関連する記事

ベストビジネスマインド2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介したビジネスマインドに関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。出来ないって言うな!http://sarahin.seesaa.net/article/249217617.html不為也。非不能也。なさざるなり、あたわざるにあらざるなり仕事は別の部署(人)からのインプットがあって、それをまた別の部署(人)に対するアウト..



■同じテーマの記事

要約をつくる方法

以前の記事ねぎま式読書ノートで、本の気になったところを抜書きして、それぞれにコメントを付ける方法をご紹介しました。本日は、本を要約する読書ノートの作り方について。要約が下手な理由本の要約というと、学校で「以下の例文を要約しなさい」というテストや宿題を思い出しますね。イヤな思い出です…。なにしろ、言いたいことはだいたい分かるのですが、適切な言葉で短くすることができない。文筆家が書いた文章には無駄な言葉はない。だから省略したら別..

対象を右に置く

以前の記事 ファイラーNexusFileで書いたように、私はファイラーは2画面ファイラーを愛用してます。2画面ファイラーと言うのは、2つのフォルダが左右2つペイン(表示エリア)にそれぞれ表示されているようなファイラーです。最近のファイラーはこのモードが有るものが多いような気がします(私がそれにしか興味が無いからかも)。参照と操作基本的にファイルの操作というのは、操作対象のフォルダに対して、・新規に作る・コピー・移動する・削除する・閲覧・編集するの..

仕事とは書類を作ることとみたり

「仕事をする」というのは、何でしょうか?この本に面白いことが書いてありました。モチベーションで仕事はできない (ベスト新書)サラリーマンの仕事とは何だろうか。それは「書類をつくること」だ。これは多くの自営業者でも変わらない。そして、今は仕事とパソコンは切り離せない。多くの場合、仕事とは、パソコンのフアイルをつくることと同義だ。こ、これはたしかに鋭い。仕事の成果と..

BGMで仕事する

自宅でタスクをこなす時には、ちょっとリラックスしてやれるようにいろいろ音楽をかけながらやってます。今日は、ネットで見つけたちょっと気分に合うBGMの紹介。YoutubeのMVと言えば大体5〜10分くらいが多いですが、下記のものは1時間以上のものばかり、つまりいちいち次の再生のことを着にしなくても、同じような雰囲気の音楽を流し続けてくれます。まあ、MV自体を集中して見るようなものではなく、気分に合わせて音楽聞き流すという感じのながれで。ただ、日本語の歌詞のあるもの(英語..

キーワードをつける

あけましておめでとうございます。2013年が始まりましたね。会社の会計上は、まだ2012年度ですが、やっぱり4月よりも1月のほうが気持ちも改まりますね。首相が交代して、円安に振れたり、株価が上昇したり、輸出企業に務める私としては、ちょっとでもこの状態が続き、予算の縛りが緩くなるといいなぁ、と思ってます。ただ逆に輸入企業にとっては、ちょっと困りモノかもしれませんね。今年の目標以前の記事に書きましたが、1年の計は元旦にない..

ベスト時間術2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介した時間術に関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。Pomodoroテクニックhttp://sarahin.seesaa.net/article/273095959.htmlポモドーロ(Pomodoro)テクニックとは、ひとつのタスクを25分に分けて、5分のインターバルを挟んで繰り返すタスクの実行方法。トマト(イタリア語でPomodoro)..

ベスト仕事術2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介した仕事術に関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。整理しない検索するhttp://sarahin.seesaa.net/article/263080175.htmlファイルはフォルダに細かく分けておいておくとほぼ間違いなく、必要な時に見つかりません。ファイル名やフォルダ名に使うキーワードはその時の感覚であって、将来必要になった時のキーワー..

ベストノート術2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介したノート術に関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。メモの3S前半http://sarahin.seesaa.net/article/272004758.html後半http://sarahin.seesaa.net/article/272004780.htmlメモの目的は、「素早く、要点だけを記録する」こと。だから、メモした..

ベストPCアプリ2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介したPCアプリに関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。ファイラーNexusFilehttp://sarahin.seesaa.net/article/266039603.htmlなんと、GoogleのNexus7が発表されてから、この記事が赤丸急上昇で、記事中ナンバーワンになってしまった。(*_*)間違えて来ている人が多いんだろうか?..

10万ドルのアイディア

10万ドルのアイディア20世紀のはじめころ、世界でいちはんの金持ちはチャールズ・シュワブという男だった。ある日、ひとりの青年が彼にこう持ちかけた。「ミスターシュワブ、あなたの貴重な時間を、毎日何時間も節約するのに役立つアイデアがあるんです。すごいアイデアだと確信しているので、お教えします。その代わり、1ヶ月試した後で、効果に見合うとお考えの金額を払っていただけますか」チャールズ・ソコワブは青年の提案を受け入れ、..



posted by 管理人 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする