2012年01月31日

出来ないって言うな!

   不為也。非不能也。
   なさざるなり、あたわざるにあらざるなり

この言葉は『孟子』梁恵王上にある言葉です。
images.jpgこれは私の座右の銘としている言葉でもあるのですが、現代文で書くと

 できないんじゃぁない。やらないんだ。

という意味ですかね。
これは会社に入ったときの上司に徹底的に言われました。
私が「できない」とか、できない言い訳をいうと、「オレはそんなことを聞いているんじゃぁない。どうやったらできるかを聞いてるんだ!」と叱られました。

たとえば、誰かから仕事の依頼をされたとすると、「ちょっと今、忙しくてできません」と答えたりしますよね。わたしはこの答えを絶対に言わないように注意してます。

1日は誰にとっても24時間です。忙しいというのは、ほかの仕事をやっている時間はあるということです。つまり、「その仕事は私の優先順位が低いですし、やれるような工夫もしません」と言っているのと同じです。

仕事は別の部署(人)からのインプットがあって、それをまた別の部署(人)に対するアウトプットに変換する過程ですので、インプットを断ってしまえば、つぎにはインプットをしてもらえなくなります。
窓際に追い出されてリストラ候補、ということですね。

だから、わたしは
 「今すぐはできないけど、××までだったらできます」
とか
 「こういう条件でよければ××までにやります」
と答えるようにします。つまり、相手の要望に応えるために工夫をするということです。
どうやったらできるのか、それにはどのくらいの時間が必要で、その時間をどうやったら捻出できるのか、これを常に頭において考えないと、相手からの信頼は得られません。

仕事の上で信頼してほしいのであれば、

 出来ないって言うな!

です。
ラベル:孟子
posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

1年の計は元旦にない

だんだん12月も押し迫ってきましたね。
1年の計は元旦にあり」なんて言いますが、

 あれ、間違いです

元旦に今年の計画を立ててる人で、その計画が達成できた人は、自分の周りには多くありません。

どういう人が達成できているかというと

 思いついたときから始める
 
人です。

タスクの管理なども同じなのですが、

 「今、10時45分か。じゃぁこのタスクは11時から始めよう」

と思っていて、ふと気が付くと11時まわってる。そうすると、なんだか気合がそがれちゃいますよね。

よく子供が勉強を始めるときに「8時から勉強するよ」と言うと思いますが、内心はしたくないんです。したくないから身が入らない、身が入らないから身につかないんです。
逆に、子供に「ゲームをしていいよ」といった時に、「じゃぁ、4時ちょうどになってからね」って言ったのを聞いたことがありますか? 言わないでしょう。「え、やっていいの、じゃぁすぐ始める」って言いますよね。楽しいからすぐにやりたいんです。

一つのタスクに区切りがついて、じゃあ次のタスクは何かが決まったら、

 決まった瞬間からそのタスクを始める

と、さっさと片付いていきます。そうすると気持ちいいので、次の仕事もさっさと始められるわけです。

これを、「あと10分したら」とか「丁度の時刻から」などと思うということは、タスクをやりたくないんですね。

前向きな気持ちでやらないと、いいアイディアも出てきません。

1年の計画も同じです。
思いついたときから始める。元旦を待ってから始めるというのは、全く意味がありません。

 元旦は365日のうちの1日
 
に過ぎないんです。
たまたま、暦が1周した日でしかないわけです。

いま、来年から何を始めようと思ってますか?
それが今すぐに、着手できない理由は何でしょうか?

1年の計は元旦にあるのではなく、やろうと決めたその瞬間にあるんです。

さて、12月もいよいよ終わりになりました。
今年の投稿は今日で終わりにします。

皆さん、よいお年をお迎えください

へたくそな文章におつきあいくださいましてありがとうございます
また来年もよろしくお願いします。m(_._)m


ラベル:ハック 考え方
posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする