2021年11月08日

20文字以内で表現する


  「我思う故に我あり」(デカルト)
  「全てを疑え」(マルクス)
  「神は死んだ」(ニーチェ)
  「目は心の窓である」(プラトン)
  「天才を知る者は天才である」(ヘーゲル)
  「人間は時間的な存在である」(ハイデッガー)

仕事のヒントと銘打ったこのブログでなにを御大層なことをと思えるかもしれませんが、これらの言葉の正確な意味はわからないにしても多くの人が聞き覚えがあるのではないでしょうか。これらの言葉が生まれるまでには膨大な思索があり、それらをすべて包括するようにして、ものすごく印象的で象徴的に組み立てられた言葉であることはわかるのではないかと思います。
続きを読む
posted by 管理人 at 14:49| Comment(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題に着目しない





私は小学校の頃、跳び箱が不得意でした。
まぁ、運動自体が余り得意ではなかったので、その中の一つでもあったのですが、特に跳び箱の時間はイヤでした。

跳び箱の方に走って行くと、跳び箱にぶつかりそうな恐怖(おおげさですが)で足がすくんで、手前の踏み台で立ち止まってしまいます。
高学年になってから、先生に跳び箱の飛び方というのを教えてもらいました。曰く、

 「跳び箱の天面を両手を上から下に振り下ろして、思い切りたたけ」

というものでした。

そしたら飛べるようになったんですよ。あっさり。



続きを読む
posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議事録は読み返すから意味がある





会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?


続きを読む
posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ術・ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファイルを隠す.txt





ちょっと前にGoogleドライブの使用許諾(利用規約)が話題になりましたね。

まぁ、要するに「Googleのサービスを利用すると、その内容はGoogleが勝手に使ってもいいと許諾したことになる」ということのようです。

この話題あたりからちょっと気になって、もし、自分が突然病気になったり、死んだりした時に、PCに保存されたファイルはどうなるんだろうと思い始めました。

こういったファイルは、自分しかアクセスできないようにしておくのが基本。
しかし、PCにボットを仕込まれたり、クラウドデータがハッキングされたりしないように、大事なファイルは、見えないフォルダに入れたり、暗号化したり、さまざまな守り方がある。今回は大事なファイルを守る手段として、「ファイルに別のファイルを隠す」というユニークな方法を実行できるソフトを紹介します。

続きを読む
ラベル:暗号化
posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

話を遮って主導権を握るために


「一方的に話し続ける人」というひとと会議や会話をするときに、その状態に身を委ねてしまうのは危険です。会話の主導権が自分にないのだから、自分が望む結論に持っていくのはほぼムリです。つまり相手の思うままにされてしまうとういこと。それを回避するためには、会話の主導権を取り返さないといけません。
続きを読む
posted by 管理人 at 17:31| Comment(0) | 会議術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする